Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

懐かしいもの発見!

今日は休日。
なんとなく部屋においてあったファイルを見てみたら
オルルド王国とプルト共和国のプレイ記録が出てきました><;


 ※オルルド王国 ワールド・ネバーランドシリーズの第一弾で、
 プレステ、DC、PC版と発売された。
 主人公がオルルド王国に移住したところから始まり、
 王国のキャラクターと共に生活をしていく。
 NPCそれぞれに家庭があり、気に入られれば結婚や
 出産、子供への引継ぎを行っていくことが出来る。

 ※プルト共和国
 ワールド・ネバーランドシリーズの第二弾にあたる作品で、
 オルルド王国の友好国にあたるプルト共和国で生活をしていく。
 プレステやDCなどで発売された。
 基本的な部分はオルルド王国と一緒だが、
 オルルド王国よりシステムが充実している。
  現在はアルティ社のページでPC版をダウンロードできる。


オルルド王国に関しては
ルーズリーフなどにまとめられたデータがなんかすごい^^;
かれこれ10年近く前に書いたものなんだろうけど
まめだなぁ、私^^;

プルト共和国関連のデーターは
ノートに書かれていたり、PCに画像を保存してあったりしてるね。


でも、オルルド王国が515年くらいで、
プルトが511年で止まってるみたい^^;

オルルドに関してはとりあえずひと段落ついちゃってるから
目指すものもなくなっちゃってるところがあるんだけど
プルトはやっぱ、続きやりたいなぁ・・・。

ただ、最後にやったのがDC版プルトで、
かといってDCもいつ壊れるかわからないしねー^^;;

それを考えるとPC版で新たな世界を作る方が
現実的なのかなぁ・・・。

DC版ビジュアルメモリーに入っているセーブデーターを
PCにコンバートできればどれほど幸せか(ノ_・。)
個人的には世界の行く末は見てみたいんだよね;;

何か方法があればいいのになぁ(ノ_・。)




-----以後は分かる人にしかわからない話(たぶん)-----

プルトプラス(DC版)の主人公は、
ミダナァムの娘になるんだけど
彼女のプレイ中にナァムが回ってくるか気になるところ。

世襲制でナァムが死なないと継承権1位でも回ってこないから
すでに子供に引き継ぎしたあとで回ってくる可能性も
結構高いんだよね・・・。

その関係でちょっと気になることが出来たので
データを分けて、サイドストーリーを楽しんでおりました。

で、その結果得られたものを踏まえて
メインストーリーに戻り始めたのですが
そこでプレイが止まってます^^;

・・・続きやらんとね(ノ_・。)




一応参考までに作ったデータを載っけときますっ。
HPデータとして公開するつもりでしてなかったものだけどデザイン、
一部情報は「ネバノート 」さんを参考にさせていただき
作成したものになります。


2代目家系図

上の家系図は、2代目PCエミリアを基準にしたものです。
(ちなみに初代はストロベリー。)

現在はエミリアの娘、シルフェがメインキャラの状態で
そのまんま停滞しています(爆)

分かる方が見れば分かると思いますが、
エミリアの祖父セルジオ氏がコークナァムで、
セルジオ氏の後ナァムを継いだのが伯父アレック氏。
(兄のムラド氏が他界してしまっていたため。)

で、アレック氏は未婚のまま他界し、
本来なら父エリックにナァム継承権が回ってくるところなのですが、
コークショルグ長だったためかアレック氏がナァムになって以降
継承権が付くことはありませんでした。

その後、コークナァムはムラド氏の娘が就任したものの
未婚のため後継者もおらず他界してしまったため、
コークショルグの上位ランク者の方が9代目ナァムになるが、
その方も未婚で亡くなってしまったため
その時期に上位に居たエミリアの妹エリルがコークナァムに就任した。


そして、そんなエミリアは
成人直後からミダナァムの息子サルキソフ氏よりアプローチを受けており
そのまま何も不自由することもなく結婚になったため
ナァム家の嫁として暮らしておりました^^;



その娘シルフェはどんな子か?というと、


本編より

ギタの学舎(子供が通う学校)で
毎年参観日に○×テストが行われるのですが
テストの返答はプレイヤーが入力するのではなく、
コンピューターによるオートの回答なので、
こんな答えをしちゃいました☆ミ

ミダナァム家なのに、ミダナァム家なのに(ノ_・。)




ちなみに、ミダナァム家である父方家系図は
こんな感じになります。


父方家系図

※ちなみにベレンガは509年生まれなので
 この前に貼ったssにはまだ居ません(笑)

アラニス議長国(32?)でナァム家になるなら
コークかミダを狙えという話はよくあるみたいなので
カオリさんは結構人気があるみたいですね?<ファンには





***で、ここから先は本線とは別のパラレルワールドの話***


話を書く前に少し情報を整理すると、
これから書くお話は↑の記事よりも前の話になります。

議長だった父エリックが亡くなったため、
議長選挙に立候補することになったエミリア。

しかし、そろそろミダナァムの継承うんぬんが出てくる可能性もあったので
選挙の前にデータを保管し、
お試しということで議長選挙→当選→議長生活を始めたのでした。

で、そのお試しが終わってからシルフェに引き継ぎ
本線を楽しんでいた、という時系列?

なので、本線を進める前に
未来がどうなるか見て来ちゃえ♪という感じ。

エミリアが議長になることで
サルキソフくんがナァムになれないなんてなったら
またちょっと辛いですし(ノ_・。)




カオリさんが7代目のミダナァムの時代からデータを分け、
そして、その2年後にカオリさんが死去し
サルキソフくんが8代目ナァムになったのですが、
そのとき、エミリアが議長であったために
サルキソフくん、襲名披露に出てナァムになったんだけど
それ以降、公の場には出れなくて
妹のポピーちゃんがナァム代理をすることになったんですね。
(一応サルキソフくんに”ミダナァム”という肩書きはついています。)

今までちょっといろいろ見てみた感じ、
ナァム襲名時に、本人か配偶者が評議会議員になっている場合、
議員の役目が終わるまでナァム代理というのが出てくるようです。

つまり、エミリアが議員のため、
エミリアが議員から外れるまでナァム代理が発生し、
議員から外れた後、サルキソフくんがナァムとして仕事できるらしい。

ちなみにナァム代理は
確か第一継承者だったかその配偶者がなるんだったと思ったけど、
サルキソフくんがナァムになった時の第一継承者は
まだ子供のシルフェ。


ちなみに、
第一継承者:シルフェ
第二継承者:セルジュ
第三継承者:ソルフィ
第四継承者:ポピー
 ※パラレルなんで第三子が女の子だったりする。


で、子供はナァム継承者にも代理にもなれないので
ポピー叔母さんが代理になったみたい。

その後、シルフェが成人しても
ナァム代理はそのままポピー叔母さんがやっていたので
シルフェは普通に生活をしているという状態?



なので、


ちょい恥ずかしいね(爆)

まぁ、こういうお遊びもありですか(爆)
ちなみに、帰宅後ちゃんと新年祭にはでましたよ(ノ_・。)

で、その後やりたいことがあったので
コークショルグ長ストロベリーさんの家に
養子としてキャラクターを送り込み、
その子を通じて世界の様子を伺っていました。

そうしたらですね、ポピーちゃんがナァム代理なんだけど
お亡くなりになってしまいまして(ノ_・。)

後任はタービン・ルチッチという
ポピーちゃんの息子さん。
・・・あれ?ナァム代理って世襲制だっけ??



と思ったらですね、


12年後のパラレルワールド

たまたまタービンくんのお嫁さんがシルフェだったんだけど
シルフェがショルグ長で、さらに子供が小さかったため
ナァム代理を引き継げなかったのではないか?という疑惑?

シルフェがショルグ長から降りるようなことがあれば
もしかしたらシルフェが代理になるのかもしれないけど
そこら辺はまだよくかわってないんですよね・・・。




ある意味レア♪

まぁそんなわけで、こんなレアなシチュエーションもできます。

基本的にナァムの配偶者はショルグ長にはなれないので
新年祭で並ぶことも普通はありえません。

あくまで、ナァムの居るべき場所にいるのが
ナァム代理だからこそできることなんでしょうね。


ただ、タービンくんが代理になったとたん、
なぜかシルフェについていた第一継承権がなくなり、
シルフェの長男に第一継承権が移動したので
場合によっては代を飛ばせますよね?(汗)

 ※サルキソフくん死後、
  シルフェの長男がナァムになる可能性が高いという意味。
  祖父から孫へ継承されることになるので、
  1代飛ばしてしまう事になる。



とりあえず、タービンくんがナァム代理を続けられるのかを
その後、こっそりと見守りましたが
エミリアが死去してしまったために
サルキソフくんがナァムになっちゃったんですよね。
(いや、ナァムなんだけど^^;)

なので、エミリアにずっと議長をさせたところで
何も変わらないことがわかったのですが、
じゃあ、サルキソフくんを議長にして、
同じようにシルフェとタービンくんをくっつけて
ポピーちゃんが亡くなるときにミダショルグ長になっていたら?

・・・と考えると
ちょっとワクワクしてくるものがあったわけで♪



ただ、仮にサルキソフくんが議長兼ナァムだったとして
危篤になって死んでしまったとしても、
議長であることが白紙になり、ナァム代理が解かれ、
シルフェに継承権が戻ってから継承者に選ばれるのか、
それとも、亡くなった時に第一継承者だった人に
そのまますんなり引き継ぎされるのかは不明・・・。

そういう実例、見たことが無いもんで^^;



ナァム研究はもっと詳しい人が居るとは思いますが
自分なりに調べてみたのはこんな感じ。

なので本編シルフェ編では
あの選挙の時にわざとエミリアを落選させ、
寿命が短い人を議長につけました。

そして、選挙までにサルキソフくんをショルグ長に上げ
議長選挙に出し、他の候補者の邪魔をしつつ当選させ
議長の座につけたという・・・w

とりあえずは新任投票で落とされないように
対戦成績や仕事の具合を気にしつつ
議長維持に励もうか♪といったところですね^^



このゲームの醍醐味は
行動の1つで未来が変わってしまうので
自分の見たい未来、物語にいかに近づけるかですかね?

プレイヤーキャラを立派にすることは出来ますが、
NPCを一人前に仕立て上げたりするのが
結構コツも必要なんですが楽しいんですよね♪

そのためにリセットしたり、リセットしたり、リセットしたり・・・(何
万が一のための復帰点を作っておくことも大事だったりしますね?




最新作(にあたるのかなぁ・・・)ゼーン大陸でも
プレイヤーが居ないNPCを上手く操って
目当ての人と結婚させたりしてる人もいるんだとか。

自分はオンライン版にそこまで手を加える気はないけど
なんかプルトやってみたくなっちゃいましたね^^;

いずれPC版に乗り換えてしまうことになるので
話を進めても無駄になってしまう恐れがありますが
一応、ナァム家お家騒動の決着(?)だけは
見届けたいものがありますね・・・。



あともしPC版プルトで遊ぶなら
今度こそエリックをナァムに!(爆)

・・・とも思ったりするけど、
人間関係や生まれてくる子供も含めて
全く同じ国を作ることは出来ないので
いろいろ考えるとやっぱ複雑ですね(ノ_・。)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/05/20 14:29 ] プルト番外編 DC番外編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する