Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

さらにその後の物語

世界を第三者の目で見る・・・。
たまにはそういう話も悪くないかもね(笑)


時が流れ、某デイリー家は
2人の男の子に恵まれ
地味な暮らしではあったけど
ほんわか一家になっていました。



ゼファーくんになりました。

お兄ちゃんがエミリオで、弟のぼくがゼファー。
今日も元気にりゅうてきこうはだ~!(違)




社会見学ですっ♪

子供も3歳になると学校に通わなくてはなりません。
とりあえず、課外授業(社会見学)にきてみたけど
学生(児童?)はちょっと少なめかな?


ちなみに、ネームプレートの色は、

:プレイキャラ本人
:同居している家族
:プレイキャラ友人欄に名前のある人
:知人、もしくは他人


時代はお父さんやお母さん世代の人が活躍する時代。
といっても、うちの両親は特にぱっとした様子もないし
普通に質素な生活を送っているよ♪



・・・って、ぼくは思い込んでいたんだ。



はっ、ウルグ長だ!

お母さんが選挙でウルグ長になってしまった^^;
えと、それはその、喜ぶべきことなんだろうけど、
うちはちょーっと事情が違うんだよね。



歴史はまた繰り返す?

おかあさんが議員になっちゃうと、
ほら、お父さんがナァムになれなくなるじゃないか(爆)



セルジオおじいちゃんから
直接ナァムを継いだアレックおじちゃんと違って
アレックおじちゃんの兄弟がナァムを継ぐには、

1、アレックおじちゃんに子供、及びコーク所属の奥さんがいないこと。
2、実の兄弟だとしても、家族に議員がいると継承権を外されてしまうから
  兄弟からナァムを継ぎたい場合は、同居する家族を議員にしないこと。

お母さんが選挙に受かるまでは
お父さんにナァム継承権1位ってかいてあったのにぃ;;


・・・おじちゃんがなくなるまでに
なんとかお母さんをウルグ長から引きずりおろせないかなぁ。
でも、無理かなぁ~・・・。



このまま行ってもショルグ長w

・・・って、もしお母さんが選挙で落ちても、
お父さんがコークのショルグ長になりそうだね(ノ_・。)

もっと下のランクだったと思ってたんだけどなー;;



で、そんなぼくも
成人して大人の仲間入りをしたんだ。



ろくでなしって・・・

・・・ろくでなしだけどねっ!(ノ_・。)

きっと、学校の教育が悪かったんだぃ><




相変わらず独身貴族・・・

で、さっき話したアレックおじちゃんだけど
ずっと独身貴族を貫くのかなぁ。
もういい加減いい年だから結婚はなさそうだよなぁ。


ちなみにこの少し前にいとこのエルトンさんがなくなって
この次にナァムになるのはいとこのタラータさんだって。

でも、タラータさんも結婚はしてるんだけど
子供に恵まれなかったから
この調子で行っておじちゃんがなくなってしまうと
ショルグの強い人がナァムになっちゃうんだなぁ。




で、その後、
アレックおじちゃんがなくなり、
いとこのタラータさんがコークナァムになって、
うちはやっぱりナァムには縁がなかったみたいだね^^;



そんなとき、エミリオ兄ちゃんが結婚をして
家を出て行くことになったんだ。

・・・って、議員の家を出たからだと思うけど、
お兄ちゃんが次のナァム候補になってる・・・!(汗)
喜ぶべきなんだろうけど・・・
ちょっと複雑でもあるな^^;




兄ちゃんが結婚して家を出て行った後、
なんかうちに双子がいるしっ?!
いつ産んだんだよ、母っ!!(爆)


ということで弟たちが増えて
家もまたにぎやかに・・・^^;
キャノピーと、イショップね。



で、しばらくして
タラータさんも寿命で亡くなった。



そして


・・・たなぼた?(笑)

結婚して家を出たのが兄じゃなくて
俺ならなぁー(号泣)

というのは冗談としても、
折角回ってきたんだし、頑張ってほしいもんだなと。



ところで、


ミダはミント家が占拠しましたか(ノ_・。)

このおじさんは何者だい?^^;

 ※490年1日に移住させた移住者のうちの一人です(笑)
   ストロベリー計画の関連でできた人の一人です(謎)
   特にこれといった才能は・・・ジマの力くらい?


とりあえず、カオリさんと結婚したみたいだけど
婚期が遅かったのか、なんなのかはわからないけど
子供がいないため、旦那のエイナスさんに
こうして継承権がついているらしい。


某DC共和国のミダナァムもミント家に支配されていたようだが
ここもか・・・(ノ_・。)<しかも微妙な形で・・・




それはともかくとして、その翌日。
エミリオ兄に赤ちゃんが生まれたらしい。



おめでたい続きやね

とりあえず、お祝いは言っておくことにして、
子供にも声をかけてみることにしようか。




・・・なんだこりゃ^^;

・・・って、なんだこれは(汗

確か、兄にはなんの才能もついてなかったぞ?^^;;



というわけで、兄の嫁をチェック!


兄嫁、こんなだった(汗)

ジマ、エナもちの親から、
なぜかコークの翼をつけて生まれた兄嫁。

たしか、両親とも移住だけど
ミダはなかったはずなんだけどな・・・。



にーちゃん、何にもないのに(爆)

兄にはやっぱ才能の”さ”の字もないんだよな^^;



でも、何度見ても


侮れない甥っ子だ・・・

いろいろくっついてるんだよね(汗)
一体、この子は何者だ?(滝汗)



と、ともかくとしてだ、
無事に甥っ子も生まれたということで
コークナァムもこれから安定していきそうだな。




そして、それからさらに数年後、
俺にもやっと恋人が出来たんだー♪



コンテストにてっ

彼女は国の男が憧れる可愛い子ちゃん♪

自分にはもったいないくらいだけど
それでも着々とデートを重ねて
バスの浜で将来も誓い合うくらいの仲になれたんだ。

あとは、婚約を待つのみ!ってとこかな♪



今まで恋人も出来なかったから
親に耳がたこにできるくらい結婚しろーって言われてきたけど
やっと、俺にも春がやってきそうだ。



・・・って思ってたんだ。


でも、その数日後、失恋したさ(ふっ・・・
まぁ、こんなろくでなしよりも
いい男はきっとごまんといるさ・・・(強がり




そして、新年を迎え、
徐々に失恋の痛手も薄れてきた頃・・・・。


で、お葬式

父が他界した。
まぁ、それなりにいい人生だったんじゃないかとは思う。


・・・しいて言えば、
もともとは正当なナァム継承者だったわけだし
一回くらいナァムさせてやりたかったなぁと。
まぁ、そう思っても後の祭だな^^;




少しだけ寂しいものはあったけど
徐々に悲しみも癒えていった・・・・・・ように思えたが、
風のうわさでひょんなところから
前に俺が付き合っていた彼女が
今付き合っているという相手に関する情報を知ることとなった・・・。



そして彼女は

誰だろな~と思ったら、


こいつかー!(爆)

ババンのおっさんか!><;

しかも、兄嫁の父・・・(苦笑)




奥さん亡くしてやもめになって
寂しいのはわかるけど、
いい加減年考えろよー!・・・と言いたいが
ここはグッと我慢だ・・・(涙)




そして、そのまた後日、
共和国一の美男美女を選ぶエナの日コンテストで・・・


・・・・なぜそこに(汗)

母よ、なぜそこにいる^^;
いい加減、年を考えようよ~(ノ_・。)<だぁぁ



・・・しかし、俺も馬鹿な男だぜ・・・。
票は・・・やっぱり付き合っていた元の彼女に・・・。
いい加減、吹っ切れないとなぁ・・・。




それから数日後、
こんなろくでなしの俺にも2度目のチャンス到来っ!

新しい彼女の名は、ムーリャン。
俺と同じで適齢期をちょいと外してはいるが
年齢としてはつりあいの取れそうな感じだ。
少し元気が出てきたぜ~♪




そんなある日、リーグの試合をしていると、


元彼女・・・

ちょっとまて。
グレアーさんよ、どうしてそこにいる?(汗)

今更応援になどくるなー><;



・・・と思ったが、さすがに言えなかった俺。




そして、何日かたったある日。
俺はムーリャンとデートへと出かけたときだ。



母よ・・・

母よ、あんた一体・・・^^;
いい加減、年というものを考えろや~っっ!!(怒)





・・・でも、


なんだかなー・・・・

せめて弟は幸せになれよ~;;





-*-*-*-*-*-*-*-*-

・・・とまぁ、そんなドタバタストーリーを展開していたわけですが
ゼファーくんもなんだか損な役回りをしてる感じがひしひしと(笑)

彼はこのまま結婚までいけるんですかねー?
なんとなく無理な気がひしひしとしますぞw



それはともかくとして、
さすがはミスプルト経験者の母ストロベリー(爆)
旦那様が亡くなってもタフですねぇ(笑)

・・・本編始める前に作り直して
もうちょっと寿命短くしちゃおうかしら(まてこら


で、ずるずるとDC本編並の年月を過ごしてみたのだけれど
意外と移住させた子供達やら
謎のミント集団やらが活躍していて
やっぱりなんかこう原住民の存在がいまいち薄いような^^;

本編を進める際は
もう少し入れる移住者も考えないといかんねー(ノ_・。)

だってさ、ストロベリーと同時期に移住した成人メンバー、
誰一人として落ちこぼれいなかったのよ?^^;

しまいには分かりやすい名前をつけた子供移住者まで
ショルグ長やらで活躍するようになるし(ノ_・。)
それだけ、古株の人が死んでいるってことでもあるけども^^;



とりあえず・・・、
○○ミントの類の入国者には
基本としてジマの力が付いてたり
たまにエナもついているから
なんかこう、うまくやりおって!って気分^^;

なんかさ、「おのれ、ミント家めー!」とか
めっちゃ意味不明なことを思ったりしただわさ(爆)


ちなみに、ストロベリーにはエナの子はついてないんだけど
どうも持ち前の魅力なのかなんなのか
慕われやすいとこはあるのかね?

とりあえず、見てると結構
移住者と原住民がくっつく確率よりも
初期に入れた成人メンバーが
そのままくっついてるケースもちょいと見受けられたので
タカさん以上にやっかいだ(ノ_・。)

うまくばらけれくれるとおもしろいんだけどなー;;
今度、移住者を入れるときは
どうせプレイヤーに憎まれるのを承知で
ババーン家で統一してみようかしら(笑)
(子供移住者は養子で苗字が変わるからいいとして)



 ※追伸:そんなババーン家ですが、
  エリックのお父上の旧姓がババーンらしいという罠。。。
  果たして、エリック・ババーンだったら、結婚しただろうか?(爆)
関連記事
スポンサーサイト
[ 2007/06/13 03:02 ] プルト番外編 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する