Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

155年・幸せだったと思う

改めてこんばんは、りちぇですー。


なんとなく目がかゆい…(==;

何かのアレルギーかな?





さて、今回も前回に引き続き、

ククリア歴155年の後半のお話。





Star Symphony♪ミ-ご危篤です


あらかじめ覚悟は出来ていたんだけど、
予定通り来ましたね、

Xデー…(=▽=;



一応、セリンがこの国に移住してきて

現在までやってきたんですが、

初めて身内から死者が出る形なので

やや複雑なところではあります…。



それでもまぁ、今回は息子サイドなので

感じ方も違うんだろうな…。



では、そんなハニガン家の様子を

書いていく事にしましょうかねー。





Star Symphony♪ミ-おはよう


「おはよう。」

「おはよう。」


…いたって普通?(=▽=;



ちなみに、

大きなベッドから一人用ベッドに向かう父と、

逆に一人用ベッドから起きた息子が接触したら、

そうなる(笑)





Star Symphony♪ミ-親父…。


さて、ここからが本番^^;


とりあえず、定番ではあるんだけど、

一応、お別れはしとかないとね…(ノ_・。)






Star Symphony♪ミ-愛してる


ちなみに、

お袋もちゃんと話出来たみたいだ。
その事だけは、良かったなって思ってる。





Star Symphony♪ミ-思いつめてるなー


その後、お袋は、

キッチンでしばらく物思いにふけった後、

あらかじめこっちで用意しておいた

スモークパイに手を伸ばし、食べていた。



でも、その後は

また一人、物思いにふけってた…。





Star Symphony♪ミ-アレン兄


その後、アレン兄が来て

お袋のそばについててくれたので

そっちは任せることにした。



たくさんの来客が来てたけど、

あれ、なんか…??




Star Symphony♪ミ-オルエッタちゃん?


なんで、オルエッタちゃんが…?

ちょっと声かけてみよう。





Star Symphony♪ミ-茸でも


「何してるの?」

「茸でも集めようかな~。」


き、きのこ?!(=▽=;






Star Symphony♪ミ-かべ


様子は気になるけど…

でも、顔を見たら、きっと泣いちゃうから…


…とかそんな事を思っていそうな感じやね、

お袋…^^;






Star Symphony♪ミ-動きが


っと、動きがありました!


とりあえず、

エレン姉とアレン兄は

親父ともう一回話をしてた。




Star Symphony♪ミ-おつかれさま


もっかい、「親父…」でも良かったんだけど、

あえてこっちをチョイス。



ちなみに、エレン姉は

帰っちゃったみたいだ(=▽=;





Star Symphony♪ミ-いいと思うよ


とりあえず、親父はお袋に任せて、

アレン兄とおしゃべり。





Star Symphony♪ミ-お迎えです


でもって、カルナの乙女ナンも到着し、

見送りはお袋だけで行うことになった。




…なんか、小腹がすいてきたな(==;




Star Symphony♪ミ-いただきます


「いただきます。」


…って、

アレン兄にはやらんからな!(ぉ






Star Symphony♪ミ-出棺します


そして、いよいよ出棺。





Star Symphony♪ミ-・・・


…なんだか、実感がわかないような、

でも、なんか心に穴が空いたような気分だった。




あ、そうだ。

ごはんにしよう。




Star Symphony♪ミ-バグウェルが


「闘技場でバグウェルが見られるよ!」

「お袋、今から行っても遅いよ(==;」




Star Symphony♪ミ-お袋…


その後、少しためらったけど、

お袋と話をしてみることにした。





Star Symphony♪ミ-幸せだったと思う


親父は、

きっと幸せだったと思う…って。





Star Symphony♪ミ-喜んでいることでしょう


葬儀は、エレン姉が喪主をつとめ、

特に問題なく終える事が出来た。


ただ、残されたお袋の事を思うと、

自分が支えていかなきゃいけないような、

そんな気がしてた。





Star Symphony♪ミ-いってきまぁす


翌日。

朝食も食べずに出掛けたお袋が

なんとなく気になったのでついていってみた。





Star Symphony♪ミ-教会


たどりついたのは、教会だった。

でも、何かをするわけではなく、

ただ、佇んでいたので、声をかけてみたが、

特に何も目的がなかったのか、

または、言えない事だったのかはわからないが

「何をしようかな?」と言っていた(==;



察するに、


Star Symphony♪ミ-誓いの証


親父との結婚式でも

思い出していたのだろう…(==;<勝手な憶測



とりあえず、

お袋は置いて帰る事にした。





Star Symphony♪ミ-ウォーレスさん


教会からの帰り道、

ウォーレスさんが走っていくのが見えたので

ちょっと追いかけてみた。





Star Symphony♪ミ-何してるの?


「何してるの?」

「余ってる物を整理しておこうと思って。」



…ここってお店もないし、

不法投棄をするつもりなのかな?(=▽=;



むしろ、それはあくまで口実で、

本当は、


Star Symphony♪ミ-授業中


妻(イフィゲニア)と、

息子(ティボールド)の様子を

こっそり見に来ただけじゃない?(=▽=;


…それにしても、

今ってこんな生徒少なかったっけ?(==;


自分が学生の頃は、

もっとにぎやかだった気がしたんだけど。





まぁ、とりあえずはそんな感じ^^;

今回はここまでにして

続きはまた次回という事にー><

関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する