Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

189年・二人で遊びに行かない?

じゃあハールの庭園で♪

「明日の昼、二人で遊びに行かない?」
「いくいく~!じゃぁ、明日ハールの庭園で♪」



…そういえば前記事で触れなかったけど、
3人目、生まれるみたいですね(=▽=;



改めてこんばんは!りちぇですー。
昼間はそうでもなかったけど、
夕方近くになったからかな?

気持ち肌寒くなってきた気がします(==;



とりあえず、前回の続きを書いたら
夕飯の準備をしまっしょ♪

今夜はじっくり煮込んだポトシチューにしようかしら(笑)





二人で遊びに行かない?

「今度二人で遊びに行かない?」
「僕でよければ…。」



…やや不本意な気持ちも無いわけじゃなかったけど、
女王があそこまでしてくれたんだったら
期待(?)に応えないのも、やっぱアレでしょ?(=▽=;
(↑素直じゃないのぅ(笑))





困った事でもあるの?

「何か困った事でもあるの?」
「いや。何でもないよ(=▽=;」


…何だろう、
ものすごいプレッシャーを感じるのですが…(=▽=;




ちなみにこの日は、魔獣を退治しに行ったけど
強くてやられちゃって、
その後、お風呂しにいって、
夜の大会を見に行ったんだけど、
その後、探し回ってもジェフさま見当たらなかったから
ちょうちょさんに頼んで案内してもらった(==;





遊びにいこうよー!

「明日、遊びにいこうよーっ!><」
「望むところだっ♪(違)」



…ちょっと突っ込んでみた(=▽=;





果樹園

翌日、約束の時間は夕刻だったんだけど、
朝、ハールの庭園でうろうろしてたら捕まって
果樹園へ行く事になりました(=▽=;






また遊ぼうね♪

「それじゃ、また遊ぼうね~♪」
「もちろん!」



…って感じで、何かこう、
今まで頑張ってきてよかったー!(ノ_・。)と
なんとも言えない気分になりました(≧▽≦)




…だけどね?





遊びに行かない~?

ジェフさまっ、ちょっ!!!



…有無を言わさず、リセットの刑(==;



そうなんですよね…。
今までは恋人欄が空欄だったので
何かあればすぐにわかるような状態だったのですが、
こういうことも想定できる範囲の事でしたね(==;



とりあえず、
まだちょっと不安定な時期って事もあるし、


遊びに行かない?

「明日もっかいデート行こっ?」
「いくいく~!」






劇場に行きましょう

翌朝。
今度は劇場へ行ってみる事に。






本当にお上手(苦笑)

「あなたじゃなければダメなんだ。」
「本当にお上手♪(=▽=)」


…今後、ジェフさまがどう動くのか
楽しみにしてるからね?(笑)





明日も~♪

とりあえず、明日もう一回デートしよっ♪





魔獣が出たよー

今日はその後、魔獣の討伐に行って、





誕生日おめでとう

母とか友人とかに誕生日をお祝いしてもらって、





おめでとう!

今日は言われないかと思ったけど、
ジェフさまにも誕生日祝ってもらって、





飲みに行かない?

女王に飲みに誘われて行ったけど、
結局何も無くて解散したり~。






チューしよう!

翌朝、なんかチューをせがまれた(=▽=;

ま、いいけど?(==;




その後。



ラナン橋

「明日の昼、遊びに行かない~?」
「いくいく~!じゃあ明日ハールの庭園で♪」



…ふぅん、そういうことするんだ~?





どこか行かない?

「陛下~!明日どこか行かない?」
「じゃぁ、ハールの庭園で♪」






お待たせっ!

今日は夕刻デートという事で…(==;

正直、ちょっと複雑ではあったけど…。




花も見て♪

とりあえず、
花畑で遊んできました(=▽=;





次の日。



何してるの?

「何してるの?」
「何しようかな~?(笑)」






遊びにいこっ

「とりあえず、明日は遊びいこっ♪」
「じゃあ、明日ハールの庭園で~♪」





魔獣めっ!

その後は、
デート観察なんて野暮な事はしないで
魔獣退治に行ってきましたよ(==;






聞きたい事あるんだけど

翌朝、ジェフさまが
「聞きたい事あるんだけど。」と尋ねて来た。


とりあえず、「もちろん!」とは答えましたが、
昨日の事に関しては、決してうやむやにするつもりは無いよ?




さて、夕方。
デートに出かけるわけですが、


誰を待ってるの?

今日はジェフさまとデートなんだけど、
おそらく明日、
カトリーナさんと約束入れてるな…。




ここはひとつ、


え!?

「誰を待ってるの?」
「え!?何?」





そうなんだ…

「そう…そうなんだ…。」
「ちょっと待って!(==;」





…今日はもう、帰る!





ハールの庭園を飛び出し、
てくてく歩いていたら、マルクさまに会った。



どこに行くの?

「どこに行くの?」
「市場の方にでも行こうかなって。」


「それで、後悔はしないね?」
「う…(==;」






じゃあ学校の裏へ~

じゃあ、学校の裏に行きましょう(==;





子どもの頃は

「子どもの頃は、こういった場所でよく遊んだよ。」
「あたしもクタクタになるまで遊んだわ。」





―かれこれ6年ほど前。

誰ぇ?こんなのやろうって言ったの!?

…誰ぇ?
こんなのやろうって言ったの!?





ボクじゃないよ!

ボクじゃないよ!





…ああ、そんな事あったな~(=▽=;




自分の子どもができたら

いつか自分の子どもができたら、
一緒に遊ぶのが夢なんだ。




…まぁ、同級生は次々と結婚して、
すでに子どもがいる子ばっかりだもんね(=▽=;




今のままで十分

あなたは今のままで十分に素敵だよ。


…なんかそう言われちゃうと
なんていうかこう、エヘヘ♪って感じ(>▽<)





―だったのに、



時間が合えばね

「また遊ぼうね♪」
「時間が合えばね。」



…カチン!(==#


そうね!
そりゃ他の人と遊ぶのに忙しくて
時間を作るのも大変でしょうしね、ええ!(ぉぃ





これ以上、デートに誘うのは
もう、やめにしよう!





もう…、
知らないんだからっ!!






―次回へ続く。。。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する