Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

190年・僕がそばにいるから!

ジェフ様親衛隊?

「ジェフ様がギブルを換金に行かれるぞ!」
「王太子様の身に何かあっては大変だ!」
「我々魔術師団、酒場まで護衛しますぞ!」
「あの~、あたし帰っていいですか?(==;」
「ええっ!帰っちゃうの!?Σ(=△=;」




こんにちは、りちぇです。
窓からの光でノートPCのディスプレイが光っちゃって
見づらいこと、見づらいこと(笑)


今日は仕事が休みなので、
ブログ内整理でもしようと思ったけど
どうしようかな…、カラオケにでも行こうかな(まてこら



ちなみに、ジェフ様と魔術師団(?)が一緒に歩いていると
ジェフ様って国のVIPなんだよなぁ…(笑)
とかそんな事を思っちゃったりして、
ジェフ様がSP付でお出かけなさる!
とか、くだらない事を思ってしまったりして(=▽=;



ククリア初代セリン編の画像表示を少しずつ直しているんだけど
初代はとにかくプレイ先行で
ブログにあまり時間を割きたくなかったので
かなり簡潔にまとめていますね…(笑)

結構詳しく語られなかった話もある感じがするので
折を見てもうちょっと記事内容を加筆修正したりしたいところですが
まずは、ナルルとか含めてになるけど
画像表示修正を終わらせないとかなー。


ついでに書いておくと、
168~170年年までのSSが実家にあるため、
それ以降のシルフィーヌ編~ルアン編は
実家に戻ってから補填するつもりでいたので
ほぼダイジェスト版な日記になっている状態なんだけど、
リーア編に関しては幼少期を除き
結構事細かに詳細を書いているので
リーア編成人期からは、タイトルに年を入れて
カテゴリー分けしちゃいました♪

ただ、幼少期は3年間あるんだけど
ちょっと加筆できたらなーとも思うので
折を見て手を加えようかなと思っていますぅ。





と、前置きが長くなりましたが、
前回からの続きいきまっしゅー。





何してるの?

「何してるの?」
「成り行きでちょっと護衛を…(=▽=;」
←違



この日は、警備という名のお散歩と、
あとは、ラナン橋にデートに行ったりして。


で、何かジェフが練習試合するらしいので
ちょっと見物する事にしたり~。





ほらほらボクちゃん

「ほらほらボクちゃん、どうしたの?」

……確かに、王太子としては
全然ダメダメな感じではあるけれど、
それは、ジェフに対する侮辱と受け取った!


フェオドール、
いつか殺す!(まてこらw






カルナの乙女

っと、カトリーナさん、
また乙女になったみたい…(=▽=;








レナ女王

あっ、ぬいぐるみかわいい~♪


…というわけで、
ちょっとインテリアを変えてみようかな?




マルクさま

宿屋でしーぐるみを買ってみた♪

…あ、マルクさまだ~♪←ジェフのお父さん

っていうか、女王もマルクさまもココイぐるみ買ってて、
何かほほえましいっていうか気が合うんだね(笑)





飲みに行かない?

「今から飲みに行かない?」
「やっほう!行こう行こう!」


ここのところ、エウラリアちゃんに話しかけられる事が増えた気がする。
まぁ、従兄弟のブラウンと結婚したので
遠い親戚っていえば、遠い親戚になるんだけど、
なんか、妹分って感じかな??





何もないみたいだね

でも、何も無いんだな、コレが(=▽=;

どうも最近、酒場のマスターがあんまり仕事してくれなくて
飲みに行っても料理が無くて、ってケースが多かったから
自分から飲みに誘わなくなったわけですが…。



っていうか、マスターは
なにやってんのさっ!(==;






食べていってくれよ!

「料理を並べるんだ。
 ぜひ食べていってくれよ!」


…っていうか、今年のマスターって
結婚して多少空気が読めるようになったっぽい
アンテルムくんだったんだー?(=▽=;





酒場

「何もないみたいだねー」
「まだ出直そっかー」



アンテルムくん、
お客さん、帰っちゃうよー??






並べないのかな?

っていうか、料理まーだー??



…って、ちょ!!

ちょっと待ってよー!!





ちょっとね

「アンテルムくん、料理は?」
「ちょっとね…(==;」





翌日。



お元気ですか?

「カルナの乙女様、お元気ですか?」
「もちろん元気ですよ。」


…っていうか、少しは恋愛に積極的になったのかな?

ロジェさんっていえば、
シズニ神官よね確か…。




こんにちは

「神官様、こんにちはー。」
「こんにちは。」


…うん、脈なし(=▽=;






口説いてどうするのよ

「こんな美人が僕の嫁さんだなんて~」
「奥さん口説いてどうするのよ(=▽=;」


…っていうか、こういう会話が聞こえちゃったら、
元カノさんたち、何か思う事はあるんだろうか?

なんとなくそんな事を思ってしまったラナン橋デート。



ちなみにいらない解説をすると、

幸せになれるから

近くを通ったシュゾンちゃんは、
ジェフの元彼女第一号(?)です(=▽=;






お幸せに…

近くを通ったカトリーナさんも
こっそりお付き合いしていた
元カノさんです(==;









何もないみたい

「今日も何もないみたいだね。」
「マスターやる気無いなー(笑)」







食べていってくれよ!

「ぜひ食べていってくれよ!」
「い・や・よ!(=△=;」




そんな酒場からの帰り道、
シュゾンちゃんに声をかけてみた。



誕生日おめでと

「シュゾンちゃん、話があるんだけど(笑)」

…とかいって、過去の恋を蒸し返すつもりはありませんが(笑)

というよりか、この選択肢が出るって事は、
魔術師を辞めることができるってことよね…!



あ~でも、
来年って勇者決定戦でしょ?


レナさまもまだまだお元気そうだし、
勇者を目指してから魔術師を辞めても
おそくないかなーって思うし、
今はまだ、魔術師のままでいようっと。




翌日。


タッタッタ

魔術師長アントニオさんが危篤になった!

昨日のアレはもしかして、
虫の知らせっていうやつかしら…?(==;




そして、残された魔術師3人は、


ひそひそ

「ねー、アレに勝てると思う?」
「いや、無理だろ。」
「とんずらするか…。」


ある意味、とても困っていた(=▽=;





大地の力が

ていうか、
勝てるわけないぢゃん!(ノ△・。)








病気になりました

病気になりました。

うそん!Σ(=□=;






チューしよう!

しかしそんな事を全く気にする様子のない
うちの旦那さん…(=▽=;



…しょうがないから、後でお風呂行って
病気治してきたさ…(ノ_・。)





そんなこんなで年末。


僕がそばにいるから!

「が、頑張るんだよ!僕がそばにいるから!」

というわけで、
初めての赤ちゃんが生まれようとしていた。



今までの王家の血筋もろもろを考えると
赤毛の女の子だろうな、と思っていたりしたのですが、


あなた…幸せよ。

ところがどっこい!
生まれたのは王家初の金髪っ子><;


おぃおぃ、
歴代国王、全員赤毛なのに、
こんな型破りしちゃって、いいのかな?(=▽=;



しかも…、


リジェ

何気に"ファルケの啓示"(=▽=;

何この宝の持ち腐れみたいなの?(笑)


なんか、妹マールの息子に申し訳ないくらいだ(==;
(工芸家の家の第一子なのに、ファルケ付いてなかったから)




ちなみに、名前は迷いまくった末につけた。
他に男の子に合いそうな名前が浮かばなかったので(==;


だけど、冷静に考えてみると、
男の子が生まれても、おかしくなかったかなって
そう思う気持ちはどこかにあったりして。


というのは、

初代・セリン(♀)
二代目・シレン(♂)
三代目・シルフィーヌ(♀)
四代目・ルアン(♂)
五代目・リーア(♀)


ときているので、
六代目は男かな?という予感はあったんだよね。



あと、金髪に関しては、


ハニガンさん家

どうもイアン&シルフィーヌ夫妻の代で
4人子どもが生まれているんだけど、
全員金髪というとんでもないことがあったので、


子作りしよう!

イアンさん家の金髪遺伝率というのが、
ハンパなかったと見るのが無難?(=▽=;







ミルクですよ~

ともかく、代々続いた王家の赤髪は
ジェフの代で終わりを告げる予定…か。



こうなるんだったら
結婚式の時に"ハニガン姓"選んどいたら良かったな(ぁ




さて、子どもが生まれて
とっても幸せ♪なリーアですが、
もちろん、その幸せな気持ちはジェフも一緒のはず…♪



愛してるよ

「愛してるよ♪」
「突然何言ってるの?(=▽=;」
「…Σ(=□=;」




ここは、グッとこらえて…(==;





もちろん幸せよ

夕方、
墓地へデートしに行ってきました(=▽=;



しかし、王国の歴史の一部、か…。
あたしたちの子どもや、その子どもたちも
いずれ同じように思いを馳せるんだろうけど、
その時、ジェフは歴代国王として
嫌でも歴史に刻まれるんだろうけど、
自分は、どうなんだろうなぁ…。






じー

「っていうか、自分に似なくて嫉妬してる?」
「…ノーコメント。」


また来年もいい一年になりますように♪




というわけで、今回はここまで。
続きはまた今度~♪
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する