Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

196年・彼女だけの"勇者"

冬至なんだね

「明日はもう冬至なんだね。」
「じゃあウィンターミール買ってきてくれない?」






ウィンターミール

…まぁ、実際のところ、家にあるもので作れたので、
結果オーライだったりしたんだけど。


っていうか母さん。
料理が面倒くさいからと言って、
買って済まそう、って考えは良くないぞ?(笑)




というわけで、こんにちはりちぇですー♪

やっぱ、ちょっと風邪気味なんでしょうね…。
鼻が微妙に詰まってるような、むずむずするような…。
…って、それは花粉症?(=▽=;

いずれにしても、ちょっと不便(ノ_・。)


とりあえず、話の続き、行きますかー♪





今年ももう少し

バルタザールさんは、多分ゲルダさんとデートらしい。

とりあえず、ジュリアンとソニアちゃんが神職になってしまった以上、
出来れば、ゲルダさんの想いに気づいて、まとまってほしいのが本音。



とはいえ……、



決まった人が…

そんなバルタザールさんを慕っているソニアちゃんにも
幸せになってほしいと願う気持ちは、もちろんあるわけで。


まぁ、いい加減"ソニアちゃん"って呼ぶのも失礼かもなので、
そろそろ"ソニアさん"と呼ぶべきなんだろうが…(=▽=;


とりあえず、彼女にもゲルダさん同様、
自分が婚約をしたことを告げたわけですが…、


さよなら…

「ひどい…。」
「…。」
「さよなら…。」


…僕は、彼女を怒らせてしまったのか…?(=▽=;

密かに僕の事が好きだった…?
いや、それなら頻繁にこっちへ顔を出すよね…。

っていう事は、先に婚約をされたことに対して怒ってる?(=▽=;


うーむ、正直女心は分かんないな(==;



だけど、まぁ、
また落ち着いたくらいに会えたら
また友人からやり直せたらいいな、とは思う。

しばらく先の話になりそうだけどね…(=▽=;




さてさて…、



明日遊びに

ローガンは、ミラベル叔母さんと明日デートのようだ。

もしかしたら、オルタンシアちゃん、
婚約の事、ローガンに説明したのかな…?




ローガン

どうやらそのようらしい。

そういえば、ミラベル叔母さんって、今ラナン区に住んでるんだったっけ。
全然気がつかなかったけど、もしかしたらミラベル叔母さんって
ずっとローガンが振り向いてくれるのを願いながら
待ち続けてたのかもしれないな…。

きっと、ローガンも、
「何で今まで彼女の想いに気づいてやれなかったんだ!」
って、思ってるかもしれないな(笑)


まぁ、彼が将来"おじ"になるかもって部分はちょっとアレだけど、
出来れば、このまま幸せになってほしいとは思う♪





元気~?

「リジェ様、元気~?」
「そっちこそ元気?」


オルタンシアちゃんがやってきた。
彼女がローガンに婚約の事を告げたとき、
彼がどういう反応をしたのかはちょっと興味があるところだけど、
その事を伝えるのは結構勇気のいる事だったと思うし、
状況によっては後味も悪かったと思うから、
もし、気持ちが落ち込んじゃってるようだったら
元気づけてあげたいな~?と思ってたんだけど、
逆に元気づけられたような気分だな(=▽=;



さて、こっちは、あとリンダさんか…。
とはいえ、リンダさんって、確かローガンが好きなんだったかな?

むぅ、彼女に婚約の事を話すのは
もう少し先にした方がいいだろうか…?

今その話をして、ローガンに全力疾走されても
困るって言えば困るし…?(==;




さて、ここらでちょっと一仕事しますかね~。



城門

「コルネーリオ君、パスッ!」
「え?あ、うん?」






頑張ろう

「そういえば、今年ももう少しで終わりだね~。」
「そうだね。まぁ、来年に向けて、頑張って!(笑)」
「は、はは…。行ってくるよ(苦笑)」







勇者の公園に

「じゃあ、勇者の公園に行こうか~。」

…コルネーリオさんって、勇者の公園にこだわりがあるんだろうか?(=▽=;
まぁ、彼はシズニ神官として劇の進行とか毎年やってたから
勇者に対して何か思い入れがあるのかもしれない?

ひょっとしたらアレかな?
告げるときは「彼女だけの"勇者"」になりたいと、
そんなことを考えているのかもしれないな?

…ないか、さすがに♪




ちなみに、この二人がどうなったかというと…、


本当に幸せです…

「君にもらって欲しいんだ…。結婚してください…。」
「本当に幸せです…。一緒に幸せになりましょう…。」


ディーナさん、泣きじゃくってた。
コルネーリオさんは、そんな彼女の手を引いて、
ゆっくり教会に向かって歩いて行ったよ。

きっと、ここまで来るまでに、
ディーナさん、恋を諦めようとしたりとか、悩んだこともきっとあったと思う。

でも、ホント良かった!
この二人だったら、きっと幸せな家庭を築けるだろうな。





その後。
ちょっと市場へ顔を出してみたら、


ウィンターミールは~

「リジェ様、ウィンターミールは、いかが?」
「え、いいの?食べる!食べる!」


ちょうどお腹がすいたな~と思ってたから、ありがたかったんだけど
でも、これ、食べちゃって良かったのかな?

明日の朝食にするやつとかじゃなかったのかなー?って思ったんだけど(=▽=;

まぁ、いっか♪




その後、ちょっとうろうろしていたら、


よく会いますね!

「あら、よく会いますね!」
「あ、どうも!気が合うんでしょうね。」


オルタンシアちゃんのお母さんに声をかけられた。
毎日顔を見かけたら挨拶はしていたんだけど、
これで少しは近づけたような気がする。

…ただ、問題はお父さんの方だな(=▽=;
こちらはなかなか手ごわそうだけど、頑張ろう。







◇今回のあとがきコーナー♪

リジェくんが生きていましたので、続きを書きました(笑)
(意味が分からない方は、前記事を読もう!(爆))


元シズニ神官のコルネーリオさん、ついに婚約ですよ!
本当におめでたい事です><b

もうね、ディーナさんの返事
「本当に幸せです…」を見たとき、泣いたね~!(ノ_・。)

ああ、やっと…みたいな、安堵っていうか、
達成感みたいななんだろ…、いろいろもろもろで、
「ディーナさん、良かったね!ホント、良かった…!」って
見ているこっちも思いました!



あと気になるのはやっぱ、ローガン&ミラベル叔母さんコンビ?
オルタンシアちゃんの告白をきっかけに相思相愛になったので
後は邪魔さえ入らなければ、まとまってくれるとは思うんだけど、
問題は、バルタザールくんだね(=▽=;

彼の本命がミラベル叔母さんなのを
早いところゲルダさんかソニアさんに変えてあげたいと思っているんだけど
それをゲルダさんにしたらいいのか、
ソニアさんにした方がいいのか、どっちがいいのかなって。


現シズニ神官のジュリアンがゲルダさん本命なので
出来ればソニアさんを推したいんだけど、
でも、神職が邪魔してなかなかうまくいかないので
しばし様子見だねぇ…(==;



そこらへんについては、次回のお楽しみと言う事で、
今回は、コルネーリオさん&ディーナさんの婚約を祝して、
何か記念ショットでも探してみようかな…ごそごそ…。




いくいく~!

こんなのとか?(笑)

ちなみにこの当時、アスター神官のディッキーさんが
ディーナさんにアタックをかけていたらしく、三角関係だったらしいよー?




すてき~♪

ちなみに、ディーナさんは翌年の半ばには
乙女辞めてたんですけどね…(=▽=;


っていうか、シズニ神官の後継者探しが相当難航したんだな、と見るべきか、
コルネーリオさんが不甲斐ないから…と見るべきか分かれるところだけどけど(笑)


というわけで、今回のあとがきはここまで♪
また次回、お会いしましょう~♪
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : ワールドネバーランドシリーズ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する