Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

200年・変な人と思われた?!

ゲルダ・ブラッコ

ククリア王国建国200周年記念・移住者さん、いらっしゃ~い♪
本日のゲストさんは、こちらっ♪



こんばんは、りちぇですー。

うーん、どうも偏頭痛が取れないのー(ノ_・。)
夕食の前に軽く仮眠をしたけど
それでもやっぱ治らないなー。

まぁ、ほぼ目からのものだと思うので
目を休ませて肩とか首の血行を良くすべきなんでしょうが、
偏頭痛以外は、特に問題ない状態なので
寝てるともったいない感がめちゃめちゃするジレンマ(==;


まぁ、しんどい時は休むので
動ける時は動くことにしましょうかね♪


さて、今回のゲストさんは【ゲルダ・ブラッコ】さんです♪
はたして今回はどんな出来事が待ってるでしょうかー?



では、続きをどうぞ!




誕生日だね

今日はオルタンシアちゃんの誕生日。

今日もまた、一段と可愛いな…♪ ←嫁バカ(笑)



さて、その後は外へお出かけ。
大通りでウリエンさんとちょっとおしゃべり。


で、話のなりゆきで…


ガゾ持ってない??

ウリエンさんにガゾを取ってきてもらう事になった。

お手数かけますけど、よろしくお願いしますー♪(≧▽≦)



さてその後、コルネーリオさんに捕まった。


どこか行かない?

「明日の夕、どこか行かない?」
「たまにはそういうのもいいね。じゃあまた明日!」


まぁ、オルタンシアちゃんも今は忙しい時期だし、
親友と羽を伸ばすのもいいな♪



その後まもなく、ローガンに声をかけられた。



張り切りすぎ

「ちょっと張り切りすぎじゃない?」
「…っていうか、もしかして妬いてる?(笑)」


ここのところバタバタしてて
ローガンの事、いじって構ってないからなぁ(=▽=;



その後、本日のゲストさんを探してうろうろしてたんだけど、
なかなか見つからないな…?
とりあえず、フェイの森あたり行ってみよう。


というノリでフェイの森に行ったら、


ガゾのビスク

ジュリアンに、ガゾのビスクをご馳走になった♪

ここのとこ僕が忙しそうに走り回ってるから
気を遣ってくれたのかも♪



さてその後、あちこち見て回って
水車小屋でゲルダさんを発見!



おはようございます

「おはようございます。」
「あ、おはよう。」


っていうか、先を越されちゃったな…♪
でも、なんていうか…美人さんだな(//▽//) ←ぉぃw

…って、彼女今日誕生日なんじゃないか。
じゃあ♪


誕生日おめ

「誕生日おめ~♪」
「歳をとるだけだからね。別に何もないなあ~。」


…ま、まずい(==;
初対面同然なのに、「おめ~♪」なんて言ったのはマズかったかも…(=▽=;
ちょっと馴れ馴れしすぎたか…?


っていうか、きっと僕の印象って、
「何あの男!変な格好して馴れ馴れしくして。きっと変態ね!」
と思われたに違いない…Σ( ̄ロ ̄lll)


きょ、今日のところは深追いしない方がいいかも…(=▽=;


とりあえず、なにかあった時のために目印だけ付けさせてもらって、
そのまま彼女を見送った…。




しばらくその場でボーっとしていたら


何してるの?

レンさんに話しかけられた。
う~ん、どうしようかな、仕事でもしようかな(=▽=;


先ほどのやり取りは見られてはいないと思うけど、
なんだかちょっと恥ずかしいような、気まずいような…(苦笑)



まぁ、いつまでも気にしてちゃいけない、うん!


上流の方で

「ちなみにレンさんは、これから何を…?」
「上流の方で珍しい魚が釣れたらなーと思って。」


ふむふむ。
やっぱり、釣りが一番とっつきやすいみたいだね♪
また落ち着いたら釣り場とか見て回ってみよう♪



っていうか、この時間だったら…、
そうだ、もうちょっとここにいてみよう!



その後。


何してるの?

弟が通りかかったので、ちょっと声をかけてみる。

っていうか、あれからリーザさんとは多少進展はあったのかな?
気にはなるけど、あえて触れないでおこう。



さて今日は、ギートの刈り入れの日。
何かお手伝いできることは無いかなーと思って♪


そこで!


ギート

ギートを手に入れた!

僕もちゃっかり参加しちゃうぞー♪(ぉぃ
折角だし、もうちょっと刈り取って行こうかな☆ミ


という感じで刈り入れをしていたら、
ウリエンさんがやってきた。


お待たせ!

「はい!ガゾお待たせ!」
「ありがとう、ウリエンさ~ん!」


なんだかお手間をかけちゃったけど、
前より仲良くなれた気がして、ちょっと嬉しかったりして♪





おねがいしますっ

その後は刈り取ったギートを台の上へ!

さすがにこれ以上は手伝い出来ないと思うから
頑張ってもらわないとかな♪


折角ここまで来たんだし、


ポトサンドはいかが?

「オルタンシアちゃん、ポトサンドはいかが?」
「もちろんだよ、ありがとう♪」


頑張ってるオルタンシアちゃんに差し入れしてきた♪

さて、あんまりここにいると邪魔になりそうだから、
そろそろ移動することにしよう。



さて、外に出てみたら、ゲルダちゃん発見!
さっきの事もあるし、気に障らない程度に
さりげな~く様子を聞いてみよう。



何してるの?

「何してるの?」
「ちょっとね。」


うわ、ひょっとして僕、めちゃくちゃ嫌われた?(=▽=;
っていうか、やっぱ、不審人物に思われてるやも…?(汗)

と、とりあえず…、
しばらくはそっとしておいた方がいいかもしれない…(=▽=;



…おっと、いけない!
今日ジュリアンと約束してたんだった!



どこに行く?

というわけで、無事に合流。
君から誘ってきたんだし、行き先は君が決めて!


というわけで、ジュリアンに行き先を任せた結果、
ラナン橋に行くことになった。





最近どう?

ラナン橋では、ホント他愛もない話ではあったけど
お互いの近況を報告しあった感じ。


まぁ、それなりに元気にやってるよ♪(笑)



そんなこんなで解散して、
さてどうしようかな、と思ったら
通りがかりのルーシェさんに話しかけられた。



何してるの?

「何してるの?」
「ん~、そうだな。仕事でもしようかな?」


特に何をしようとは決めていなかったんだけど、
なんか遊んでるのも申し訳ないような気もして。


ちなみにこの後ルーシェさんは、


ラナン橋

ラナン橋で釣りを楽しんでいました。

すっかり釣りが気に入ったみたいだね♪


さて、とりあえず移動しようかな。
そうだなぁ、水車小屋にでも♪



というわけで水車小屋に行ったら、
ちょうど、ギートの刈り入れも終わったみたいで。



チュ!

オルタンシアちゃんに、チューしてきた♪(ぉぃ

よーし、なんかやる気もわいてきたし、
一仕事行ってきますかね!




退治

というわけで、ゲーナの樹を退治したり~。

でも、早く片付いたから、移動することにした。



ダロス区の前を通ったら、アルチャさんに会ったので
ちょっと声をかけてみることに。



何してるの?

「何してるの?」
「ちょっと余ってる物を整理しておこうと思って。」


…うん?
アルチャさんって、移住してからまだそれほど経ってないけど、
いろいろ余っちゃってるのかな?

見たところ特にお金に困ってるってわけでもなさそうだし、
きっと、きれい好きで、整理整頓をきちっとしている人なのだろう。

…多分?




大通り

その後、レンさんが
誰かに呼びとめられているようだったので
ちょっと様子を見てみた。


…この様子だと、ゲルダさんかな??




何してるの?

やっぱり、同じ移住者同士ってことで
どうやって生活しているのか参考にしてるのかな?


さすがに僕はこの国の生まれで、他の国の生活を知らないから
そういった部分までの配慮は難しいんだよなぁ(=▽=;


でも、こうやって少しでも親しい人が増えていってくれれば、
ここでの生活もきっと心強いだろうしね♪




さて、その後、僕は酒場へ顔を出してみた。
いや、もしかしたら飲みに来てる人もいるかもしれないし?

それと…、


親衛隊候補選抜

トーナメントのエントリー状況が
どうなってるかなーって見ようと思って。


今のところまだぼちぼちな感じだけど、
今年はどんな大会になるだろうね♪

…っていうか、9日から試合見に行かんといかんね(=▽=;
忘れそうだなー(ぁ



さて、酒場からの帰り道、


どこに行くの?

「どこに行くの?」
「帰ろうと思ってるところだけど…」


オルタンシアちゃんに呼ばれて振り返った瞬間、
僕の目にある人物が飛び込んできた!





ごきげんよう

あれ…?

バルタザールさん、家業継いだんだ?(笑)
あれ?いつの間に?(爆)




飲みに行かない?

「今から飲みに行かない?」
「おっけい、就職祝いだな♪」


というわけで、オルタンシアちゃんには悪いけど、
バルタザールさんと飲みに行く事にした。



僕のオゴり!

「よし!今日は僕のオゴり!」
「いいの?」
「任せて!」


ようやく家の仕事を継がせてもらったんだ。
お祝いしてあげないとね♪




幸せだよね♪

エールが無かったからコロッケだったけど
二人、楽しい時間を過ごしてきました♪


まぁ、これからは新年の儀で顔を合わせるわけだし、
僕が唸るような立派な作品を作ってくれよな♪


…そういえば、そこにマール叔母さんも来てるね?
やっぱ、やっと役目を引き継げたから
肩の荷が下りたっていうか、そんなところかな(笑)

なんか、元気そうに見えるし♪



さて、そろそろ帰らないと朝になっちゃうな♪
ってことで、この後急いで家に帰りましたとさ(笑)


というわけで、今回のお話はここまで。
次回のゲストさんは、ヒルベルト・シエスタさんの予定です♪

ではまた次回もお楽しみに!
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : ワールドネバーランドシリーズ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する