Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

205年・未来に思いを馳せ…

何してるの?

「何してるの?」
「仕事でもしようかなと思ってるんだ。」





こんばんは、りちぇです♪

この日、シーラさんがウチにやってきたわけですが、
そういえば、ここのところあんまりおしゃべりとかしていなかったなぁと(^-^;

彼女も新婚さんで、新たな生活を始めたわけだけど、
つのる話も色々あるんだろうなぁと勝手に推測♪

ちなみに、コウさんとの仲は非常にいいみたいで、
ちょこちょこデートはしているみたいですよ?(^-^*



それでは、続きに行ってみましょうかね♪


リアちゃん、ご懐妊~♪

最近、リアちゃんの様子が気になっていたんですが、
ようやく懐妊の知らせが……♪(≧▽≦)


いやぁ、正直言うと、
ホアキンと結婚させた事は、良くなかったんじゃないかとか
色々思う事があったんだよ・・・。

だけど、これで安心した♪
きっと、これからは僕に何かあったとしても、
ホアキンや、これから生まれてくる子どもが
君を守ってくれるだろうから…♪



…まぁ、僕も後4年生きれたらいい方だろうし
いつ、何があってもおかしくないからなぁ(=▽=;

(↑王家はどうも他に比べて短命だからねぇ…)





釣り

「……で、子ども出来たらしいよ♪」
「良かったぁ♪私も気になってたのよ♪」


川で魚を釣りながら、
オルタンシアちゃんと色々とおしゃべりを楽しむ昼下がり…♪





墓地に行こう!

で、夕方からデートに出かける事に♪

今日の行き先は、
オルタンシアちゃんのリクエストで、墓地に決定ー♪




歴史の一部なんだよね

彼女のチョイスは、
今日という日に相応しいものだった♪


リアちゃんだけでなく、他の子どもたちも、
そして、いずれ生まれてくるであろう孫たち、
さらに、孫たちの子どもたちへと、歴史は紡がれていくんだろうな…♪


僕にも出来る王家の昔話は
やっぱ、父さんと母さんの事かな…?

この国の最初の王になったソラス王や、
初めて龍騎士になったフレイ王たちにはかなわないと思うけど、
王家と工芸家の立場を越えた恋愛をした二人の話は
本にはならないけど、きっと後の世へ語り継がれていくだろう。

それに比べて、僕たちはどうだろうな?(笑)
昔、子だくさんな王と王妃がいたって
語り継がれていくのかなぁ?(=▽=;

…でも、そういうのもいいかもな♪




さて、次の日♪


誕生日だったわ

今日はリタちゃんの誕生日♪

早いもので、もう6歳か…♪

来年は結婚して家を出てしまうから、
こうやってお祝い出来るのは今年が最後になるけど、
結婚しても、元気にやってほしいな♪

まぁ、サントスくんとなら、きっと大丈夫だろうけど(^-^*




ハァハァ

今日は円卓会議があるので、
早いうちに森のお掃除を済ませようと思ってたんだけど…。


…くぅ、魔獣のせいで
仕事が増えたじゃないか!(=▽=; ←ぉぃw




で、ゲーナの樹を出来る限り伐っていたら


国民からの要望~

円卓会議に遅れた(=▽=;
ついでに、なんか農場代表まで遅れてきたし!(==;





そして…、


さわやか

僕の髪型が、
爽やかで可決されました…(=▽=;





い、いやだぁ!
オールバックは
絶対、嫌だぁぁぁぁ!。・゚・(*ノД`*)・゚・。





というわけで、無かったこととする(=▽=;




っていうかさ、


セーブ大事!

せめて日にち変わったら
セーブしておこうよ、自分(=▽=;




まぁ、そんなわけで、ちょいと色々やり直し(笑)



なお、その過程で


デートかい?

アスター神官と、アルテリアさんが
花畑デートするのを発見!


この調子でいけば、結婚するのも時間の問題かもしれないな♪




釣り人たち

そして、なんか気になったイスカの乙女と
シズニ神官どの(笑)


ちなみに、この後確か会話はしていたけど、
普通の他愛もない話だったな。





あはははは♪

そして、その後、ラナンの橋でデート…♪

っていうか、やっぱここって
ギャラリーが気になっちゃうね…(=▽=;






そして、翌日。


プレゼントもらえるわよね?

「プレゼントもらえるわよね…?」
「サントスくんに、チューしてもらいなさい(=▽=;」




…とまぁ、
こんな事がありました、ということで(笑)


さぁ、ここからが本番だ!><b



髪型について…

で、アスター神官は、
どうしても僕を"爽やか"にさせたいらしい(=▽=;



ここはなんとしても、
阻止しなくてはっ!!!



そして、やり直す事数回…(ぉぃ



反対票がっ!

おお、反対票が…!!(≧▽≦)




というわけで、


今のままで

「今の髪型のままにしておこう♪(勝った!)」

…っていうか、農場代表があんな感じだと
今後が怖いな……(=▽=;

まぁ、次あたりは腹をくくるか、仕方ない…(ノ_・。)



今日はその後、釣りをしたりしていたんだけど、
マクスウェルさんに誘われて、
酒場へ飲みに行くことになった♪



何も無いみたいだね

でも、食べる物、無かったけどな!(笑)

そんなわけで、
今日は大人しく家に帰る事にした。





こんにちは

そしたらどうも、
サントスくんが遊びに来ていたらしい…(=▽=;


まぁ、今日、
リタちゃんの誕生日だったからね…。


…まさか、
チューしたのかっ?!∑( ̄□ ̄; ←ぉぃ







でもって、翌日~♪


スチュアートくん

スチュアートくんは、今日デートらしい。

そういえば前に、パーシスちゃんからプロポーズを受けてたけど、
今日はどうするつもりなのかな?




公衆浴場に…

ちょっと気になったので様子を見に来てみたら
公衆浴場に行くんだそうな。


っていうか、小さい頃から仲が良くて、
もしかしたら、二人でお風呂に行った事があるのかもしれないけど、
このスケベ義弟め!(笑) ←ぉぃw




そういえば、アスター神官もデートかな?と思って
ちょっと様子を見ていたんだけど、


またお会いしましょう

デートに来たわけじゃなかったみたいだ。

じゃあ、なんだろう?
まぁ、この状況だと、他に考えられるのは…


リュックさん

まぁ、おそらく、リュックさんを…(=▽=;

まぁ、この人も神官の経験があるから、
何かあっても対応は出来るだろうけど、
果たしてこの先、どうなるかね?(笑)





こんにちは

その後、フェイの森で釣りをしていたら、
カルナの乙女ドゥニーズちゃんがやってきた。


…まぁ、
これもなんとなく察しがつくけど(=▽=;



元気になれました

つまり、ドゥニーズちゃんは、パーシスちゃんに
乙女のお役目をお返ししたくて仕方がない(=▽=;


まぁ、当然、パーシスちゃんが
いいよ~♪って言ってくれるはずもないからなぁ。

まぁ、近いうちに成人式もある事だし、
ドゥニーズちゃん、それまでの辛抱だよ(=▽=;

それか、セレンさんに頼んでみるのがよいかと…(笑)




その後…。


恋人たち

僕が釣りに夢中になっていたら、
いつの間にかスチュアートくんが…(=▽=;


っていうか、パーシスちゃんがいくら彼女でも、
背後から襲うのは禁止!(笑)




あぁ…


逃げた…

ほら、彼女、
逃げて行っちゃったじゃないか…(=▽=;


まぁ、多分、半分照れ隠しだとは思うけど、
そういう事は、結婚してからにしなさい!(ぉぃ



その夜…


飲むぞ~♪

レンさんのお誘いで、飲みに行くことに♪





ぷはぁ♪

今日はお客さんもたくさんいて、
酒場の中はとても賑わっていた♪




まぁ、そのなんだ、
みんな酔っ払っているものだから、


ぴゅい~♪

ハメを外す人、続出!(笑)

つられて僕も、
ちょっとハメを外しちゃおうかな~♪



ウザい~!

「酔っ払いウザい~!」

ぴゅい~…(ノ_・。)




翌朝。


たまには公衆浴場に

「たまには公衆浴場に行かない?」
「いいね♪」


というわけで、
久しぶりにお風呂に行くことになった♪




また来ようね

早朝で他に誰もいなかったので
ずっとイチャイチャしていたかったけど…(笑)


でも、のぼせて倒れてもいけないから、
ほどほどに…♪




その後、帰ろうとしたら、リューさんがやってきた。
折角なので、ちょっと張り合ってみた♪

そしたら、


顔は俺かな?

「顔は俺かな?」とか言い出して、
僕は何も言い返せなかった…(=▽=;







さて、その後、


誕生日おめ~♪

市場でタイタンさんに会った♪

僕の誕生日、
覚えてくれてたんだね、ありがとう!

ちなみに、タイタンさんは、今日はこれからデートらしい♪
今のところ、お子さんはまだみたいだけど、
夫婦幸せに暮らしているみたいだね…♪



さて…、


婚約したようだ

どうも、ジョゼットちゃんとヴェルノくんが
今日、婚約したらしい…♪


まぁ、ジョゼットちゃんがプロポーズしているあたり、
彼女らしいといえば、彼女らしいな…(笑)




その影響で、


来年もよろしく

ジョゼットちゃんを慕っていたシズニ神官が
また失恋という事に…(=▽=;


まぁ、次がんばろう~!(^-^;





おやおや

さてその夜、普段来ないお客さんが
オルタンシアちゃんのところにやってきた。


一体、僕の嫁さんに何の用だ?と思い、
ちょっと声をかけてみたんだけど、



ディッキーさん

あ、そういえばこの人、
ウリエンさんの弟かなんかだったな…(=▽=;


となると、この人はオルタンシアちゃんの叔父さんだ。
丁重におもてなししなくては♪(ぉぃ





今年も一年ありがとう

今年もようやく終わりだね。
今年も一年、ありがとう…♪


さーて、明日はリルちゃんを捕まえて、
新年のお祝い、いっぱいあげないとだね~(=▽=;








◇今回のあとがきコーナー♪

というわけで、205年も終わりましたねー!
ちょっとやっつけ調子に書いちゃった感があったけど
そこのところはごめんなさい…(=▽=;


さて、リアちゃんのところに
ようやく待望の赤ちゃんがっ!!


でも、本当に良かった♪
このまま何年も子宝に恵まれないなんて事があったら
本気でどうしようかと思ったし(=▽=;


そういう意味では、
タイタンさんのところも気がかりだけど、
実際どうなんだろう…(ノ_・。)



さて、来年からは
リルちゃんが主役になるため、
リジェ編としては、今回がラストになります♪

後で、まとめの部分を調整してUPし直そうと思いますが、
話数が他より多いので、
人物紹介まで載せようかどうしようか迷うなぁ…。

それまで載せると、長すぎちゃいそうだしね…(=▽=;


あと、リジェ編に彩りをして下さった
数々のゲストさんも紹介しないといけないですし♪

そこらへんも考えると
ちょっときびしいか…?(=▽=;


まぁ、その時の向きで
どうするか考える事にします☆ミ




それじゃあ、しばらく本編のプレイ記録はお休みして、
過去の世界へ飛んだりしますが、
よろしくお付き合い下さいませ♪


それじゃあ、また次回にー☆ミ
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : ワールドネバーランドシリーズ

おめでとうっ♪
リアちゃんおめでとう…!
結婚直後で子供が出来ない夫婦を見ているとハラハラする気持ち
前にありました。原因を探ったら、片方の人が、
夜の間ずーっと酒場に飲みに行っていて夫婦の時間が無かったという…。
リアちゃんの所はそういう感じじゃなかったみたいですが
本当に良かった…!
シーラさんは国王であり友人なリジェさんに恋愛を応援されたから
子供が出来た報告をしたかったのかも(笑)

王家の髪型、あるあるです、王家を離れた今は偶に
「∑?!」となる私です(笑)幸い我が国は理容キッドがあったので
自分が王家の時は、そんなの関係なーい(*´∀`)という
フリーダム国王してましたが。(酷い)

神官さま…ファイトです…(涙

リジェ国王の方も遂にマトメ記事になるんですね!
何だか読者になってからは、あっという間で読み手の私も驚いてます。
オルタンシアちゃんを大事にするリジェ国王は本当カッコイイです♪
あと別記事ですが、お子様の名付けも見ていて
「おぉ!なるほど!」と思いました。愛ですねぇv
[ 2014/01/13 17:31 ] [ 編集 ]
お疲れさまでした♪
リジェ編だけで100話以上にもなってしまいましたが、
お付き合いいただいて、ありがとうございます&お疲れさまでした♪

普段は、いつ子どもができようが、
各家庭にお任せしている感じなんだけど、
リアちゃんに関しては、後に王家を背負って立つこともあったので
出来ないと出来ないで困ってしまうなぁって感じだったんだけど
ようやく、ホッと一息…♪って感じです(^-^*

あの日、シーラさんがひょっこりやってきたのは、
やっぱ、子ども出来たよーの報告だったのかも♪
でも、あらぬ誤解を避けるために、
さりげな~く、ウチに顔を出したんだろうなぁと♪

あと、髪型はね…(笑)
どっちにしても、リジェくんもそんなに長生きしないと思うし、
次に髪型変更のピンチがあっても、助けなくていいかなと…♪←PCも変わるし

神官のシドくんに関しては、
きっと、シェイラちゃんが何とかしてくれる!
…と思いたい♪

あと、子どものネーミングについては、
初代は旦那さんの名前から一部抜粋だけど、
それ以外の代は、夫婦の名前から文字を取る傾向ですね♪

ただ、5代目は名づけに苦戦した思い出が…(笑)
特にジーリ(爆)

思えば、最初はオルタンシアちゃんに
あんまり興味が無かったリジェくんだけど、
やっぱ、こうして一緒にラブラブしていられるのは、
オルタンシアちゃんの「なかよしだよね?」があったからなんだよね。

きっかけはホントちょっとした事なんだけど
ここまで幸せに暮らせるとは、思ってなかったな(笑)

でも、次世代は政略結婚予定なので、
そういうロマンスがあるかどうかは分からないけど、
まぁ、そういうのがなかったら、その時ということで(=▽=;
[ 2014/01/13 23:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する