Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

179年・プロポーズ大作戦!

チューしよう

「ねえ!チューしよう♪」
「うん…♪」


そろそろ出掛けようかなと思ったところへ彼女がやってきて、
僕に向かって勢いよく走ってくるものだから、
僕が彼女を抱きとめるような形になり、
そして、眩しい笑顔を浮かべながらチューをせがまれた…♪

デートまで待ち切れなかったのかな?(笑)





こんばんは、りちぇです~♪

えっと、近況報告というか、
ラグナロクオンラインの話なんですが、

レベルアップ!

デスクトップとノートPCを駆使して
1stキャラのMEで、バードのLvを99まで引っ張ってきました(=▽=;

一応、バードをLv93まで上げておいてから公平を組んで
バードはアークビショップを追尾してただけだったんですが、
これはこれでいい経験になったと思います(=▽=;
(支援の練習というか、PTプレイの練習みたいな?)

まぁ、本来MMOと言われるゲームで
こういうプレイをするのは邪道なんだろうとは思うけど、
おかげでアークビショップもちょっと成長したので
ちょっと得した気分だったりするのはナイショ♪

折角なので、転生させて
少しだけ成長させておこうかなと思います☆ミ



とりあえず、近況報告はそんなところで、
続き、いってみましょうかね♪



結婚式の予定

さて、今日は
オスカルとシンシアちゃんの結婚式(≧▽≦)


これはもちろん参列しないとね♪




さて、教会に来たついでに
ちょっと国民台帳を見たりしてたんだけど、


レナさま

そういえば、レナ様ご懐妊か~♪

いつ頃生まれるのかは分からないけど、
結婚式挙げたの4日だから、年末か来年の年始だろうけど♪





誓いの証を…

その後、結婚式は無事に行われ
オスカルとシンシアちゃんは晴れて夫婦に♪


ちなみに、僕はオスカル側に参列していたんだけど、
周りみんな男ばっかりだった…(=▽=;





精霊の木に行こう

その後、マリーとデートに♪

今日は、小さい頃の思い出が色々詰まった
精霊の木に行くことに♪




……と?


先客が…

ありゃ、先客だ(=▽=;




まぁ、そういうわけなので、


ダメダメ

ある意味賑やかなデートになりました(=▽=;

ただ、ムードは台無し!(笑)



そして、例によって彼女を家まで送り届けると、
今日も居たシルン叔父さん(爆)


何してるの?

なんか、マリーが
ツッコミを入れてた感じ?(=▽=;


僕たちが帰ってくるの、
待ち伏せしてたわけじゃ…ないよね?(^-^;





とりあえず、次のデートで


二人で遊びに♪

婚約キメてみせるぜっ!><b






そして、運命の日がやってきた!

なんか、友人リストを見ていたら、
今日デートするカップル、結構いるみたいだね。

…それはまぁいいんだけど、


カラム

カラムのやつめ…(==;

まぁ、デートの相手はマリーじゃないんだけど、
僕の見てないところでちょっかい出してるんじゃないかとか思うと、
心中穏やかじゃないな…(=▽=;




一方、こういうお方も…。


メンチュちゃん

彼女とは、やましいことは何も無いんだけど、
逆に何だか申し訳ない感じ(=▽=;


まぁ、同級生の中で、
彼女が取り残されてしまうような状況になってしまったのは、
自分が下級生と結婚しようとしている事も原因の一つなんだろうけど、
彼女も結構積極的なところがあるようだから、
早くいい人見つかるといいな…(ノ_・。)




ハールの庭園

今日はプロポーズする気満々で、
ばっちり準備もしてきたよ><b


あとは、彼女が来るのを待つのみ♪




……おっ、来た来た☆ミ
マリー、こっちこっち!

今日は、どこに行こっか?(^-^*



私が決めていいの?

「私が決めていいの?(^-^*」

………(=▽=;






プロポーズ計画終了のお知らせ(=▽=;

でも、嫌とは言えないっ(笑)


いいよ!

「いいよ!」
「じゃあ、遺跡の滝に行こう!」


というわけで、今日は彼女のリクエストで
遺跡の滝へと行くことになりました(笑)




そして、たどりついた遺跡の滝で、
彼女の口から出てきた言葉に僕は…、


結婚して下さい…

「私と結婚して下さい…。」
「わかった。幸せにするよ…♪」


なんとも言えない愛しさを感じていた。

思えば、幼少期はお出かけに誘ってもほとんど応じてもらえず、
嫌われてるのかな~?って思った事もあった。

お互い成人してお付き合いを始めても、
彼女からデートの誘いに来る事もほとんどなかったし、
他にも付き合ってるヤツもいたみたいだったから
自分が本当に愛されているのか、分からなくなる事もあった(==;

だけど、彼女がそう望んでくれているって分かったら、
なんかこう、心の奥からこみ上げてくるものがあって、
気の利いた事も口にする事ができなくて、
幸せにするって事くらいしか、言葉が出てこなかった(苦笑)





これからもよろしくね!

その後、教会で結婚式の予約を入れ、
改めて、ごあいさつ~♪


早速明日、結婚式という事になりました☆ミ




あ、そうだ♪


誓いの指輪

「ちょっとバツが悪い感じだけど誓いの指輪、貰って♪」
「本当!?嬉しいな~♪ありがとう!」


渡すタイミング、どうしようかと思ってたけど、
結構喜んでくれたんで、持ってきて良かった(笑)





さて、この日の夜、
お母さんの試合があったので、応援に♪


よわすぎる…

なんか、ジョコンドさんが
負け惜しみを呟いていたようだ…(=▽=;




さて、試合が終わって、
マリーとおしゃべりしてから家に帰ろうかなと思って
マリーを探してたんだけど、
ちょうどマリーを見つけたと思ったら…、


お幸せにね

そこへカラムがやってきて、
婚約の事とか、話したみたいで…。


たまたま話の内容が聞こえちゃったんだけど、
カラムも結構根はいいヤツなんだよな~。

でも、これでもしマリーを責めるような真似をしたら
僕もタダじゃおかないと思っただろうけどね(=▽=;




…ん?


何してるの?

「何してるの?(笑)」
「あ~、僕は何も聞いてませんよ~?(=▽=;」
←バレバレ(笑)





そして、次の日がやってきた!


お幸せに

まずお父さんに挨拶をした。

まぁ、僕が家を出ていって、少しさみしいかもしれないけど、
お母さんと仲良くね♪…って、僕が言わなくても仲良くしそうだけど(笑)


ちなみにお母さんは出動要請があったようで、
朝一番で家を飛び出していったから、
後で捕まえることにしよう…(=▽=;



さて、朝食を食べて、外へ出かけたら、
メンチュちゃんと会ったんだ(==;


もしかして…

いや、あと延ばしにするつもりじゃなかったんだけど
報告が遅れてごめんなさい…(=▽=;


怒ってる…?
きっと、怒ってる……よね?(==;



そして、彼女の口から出た言葉は、


今までありがとう

少し意外だったけど、
今までありがとう――と。


だけど、同級生はみんな結婚って事になるし、
少しさみしさはあると思うんだ…。

下級生とかにいい人がいればいいんだろうけど、
下級生も下級生で、結構みんなそれぞれ恋愛を楽しんでるみたいだから
メンチュちゃんに入れる隙があるかどうか…。

そう思うと、ちょっと責任感じるな…(=▽=;





その後、オスカルに会ったので
ちょっと声をかけてみた。


僕もとうとう結婚だよ

「僕もとうとう結婚だよ。」
「結婚…。大変だぞ?(==;」


多くは語らなかったけど、
何か、思い描いていたものと比べて、結構大変らしい(=▽=;



と、そこへレナ様もやってきたので、
同様に声をかけてみたんだけど、


僕もとうとう…

「結婚…。大変だよ?(=▽=;」

……なんだろう。
何だか不安になるなぁ(=▽=;




さて、その後、
マリーに声をかけられたんだ。


私の事、好き?

「私の事、好き?」って(=▽=;

好きじゃなきゃ結婚なんてしないよ(笑)

まぁ、もしかしたら、
僕がマリーと結婚しようとしてるのって、
お母さんがマリーと結婚しなさいって言ったからだとか
そういう風に思ってるのかな?

…でもね、最初はもちろんそういうのも多少はあったけど、
僕は、マリーが望むなら、マリーを手放す事も考えたし、
きっと、マリーのしたいようにさせたと思う。


だけど本当は、誰にも渡したくないって
そう思ってたけどねっ♪(笑)
…まぁ、これは言わないけど(=▽=;




とりあえず♪


遊びに行こう♪

明日、デートに行くことにしよう♪
そうしよう☆ミ





さて、どうして僕がフェルタ区をさまよっているかというと、


幸せだったよ

親戚のアリスさんが危篤になったとかで…。

アリスさんは、シアン姉ちゃんの旦那レドリー兄ちゃんのお母さん。
普段これといった接点はないんだけど、
せめてお見舞いくらいはね。




さ~て、今日はこれから正念場!
頑張らないとだね♪


スタンバイOK!

何か、僕たち以上に
お母さん達の方が気合い入ってた感じ?(=▽=;


…っていうか、今日の魔獣は手ごわかったらしい。



ちなみに、参列客は後でちゃんと来たんだけど、
一番乗りしたのは…


一番乗りのお客様

意外にもオスカルだった(=▽=;

…だけど、どうしてだろうな。
オスカルのやつ、にくいぜ、こんちくしょう!(笑)

やっぱ、僕とオスカルは、
切っても切れない親友だ!(≧▽≦)






暖かく見守って下さい

そして、結婚式が始まり、
シルン叔父さんの挨拶が始まった。


僕が見る限り、シルン叔父さんはマリーに甘い印象があるんだけど、
そんな彼女を僕が奪うような感じになっちゃったから
正直どう思われてるのか、心配だったりする(=▽=;

一応、立派な新郎とは言ってくれたけどね?(^-^;



立派になって…

続いて、お母さんの挨拶。

僕のお母さんは、本当は工芸家になりたかったんだけど、
おばあちゃんが後継者に選んだのはお母さんじゃなくて、
弟のシルン叔父さんの方だったから、色々あったみたいなんだよね。

まぁ、お母さんとしては、
僕の子ども(母から見て孫)が工芸家になる事を望んでいるんだろうけど、
まだマリーが継ぐと決まったわけじゃないからなぁ(=▽=;

でも、これで親孝行出来たと思えば…(笑)




君と結婚出来て

そして僕らの誓いの言葉があって、
その後、誓いの証を…。






私だって♪

マリーは、相変わらず可愛かった(//▽//)






ちゅ♪

こうして僕らは、晴れて夫婦になった♪

お互い、親元を離れて二人で暮らすことになるんだけど、
どんな生活が待っているんだろうな♪




心より嬉しく思う

あと、今回式を担当してくれたカラムにも
感謝しなくちゃだね♪


マリーとの事で気まずい思いしてないかとか
ちょっと心配になったりもしたんだけど、
ちゃんと祝福してくれているのがこっちにも伝わってきたから、
それが嬉しかったりしたんだよね…♪

本当に、ありがとうね!




さて、式も無事に終わり、
一同解散!となりました☆ミ


しかし、ホッとしたのもつかの間!


何してるの?

シルン叔父さんに
仁王立ちされた~(=▽=;


叔父さんを本気で怒らすと、きっと怖いに違いない!(何)

ちなみに、僕は決してマリーを放置しようとしたわけじゃ無くて、
お母さんとちょっと話がしたかっただけなんですぅ(汗)

結婚の挨拶、まだ出来てなかったからね(ノ_・。)




と、とりあえずっ


この香りは…

「あ、この香りは…(笑)」
「わかる?(ドヤッ)」


よしっ、ちょっとご機嫌直ったみたいだ><b




お幸せに

その後僕は、
ちゃんとお母さんと話できました☆ミ


…何かちょっぴり涙が出そうになったけど、
そこはグッと我慢だ><;




さて、その後、
マルクがいたので、ちょっと話をする。


結婚はいいよ~

レナ様は大変~って言ってたけど、
マルクは結婚生活を楽しんでいる模様…。


まぁ、子どもも出来たからね。
きっと彼の頭の中は、どんな子どもが生まれてくるか
楽しみで仕方ないんだろうな♪多分(笑)




気の置けない友だちって感じ

あと、レナ様と少し親交を深めてみた♪

いや、変な意味じゃなくて、
男友だちと同じくらい、レナ様も大事な友人だからね☆ミ

なんか、マリーとも親しいみたいだから、
ウチの嫁共々、よろしくね♪(笑)




困ったらいつでも

その後、ダフネちゃんに会ったので
ちょっと声をかけてみた。


ダフネちゃんは、レドリー兄ちゃんの妹さんなんだけど、
結局、アリスさんは助からなかったらしく、
今日これからお葬式が行われるんだそうな。

母親を亡くしたというのに
明るく元気に振る舞ってたっけ。

でも、親戚って事もあるし、友人って事もあるし、
困った時は声をかけてって伝えてみた♪





親友ってことでいいと思うよ

その後、シンシアちゃんに会ったので
声をかけてみたり…。


あ、ちなみにだけど、
彼女にも結婚について聞いてみたんだ。

そしたら、大変って言ってた(=▽=;
やっぱり、結婚したての頃は、色々大変らしい…。




そして、夕方…。


お葬式

アリスさんの葬儀に行ってきた。

そういえば、シアン姉ちゃんは来てなかったな。
代わりにお父さんが来てたけど(=▽=;





飲みに行かない?

でもって夕方。
オスカルに誘われて飲みに行くことに♪


…だけど、酒場に何も無かったわけですが(=▽=;



仕方ないので、家に帰ろうと歩いていたら、


チューしよう!

マリーがやってきて、
チューしよう!と言う…(//▽//)


付き合ってる時もドキドキしたけど、
結婚しても、やっぱドキドキするなぁ…♪


で、今日はこの後
二人で仲良く家に帰りました、とさ♪







◇今回のあとがきコーナー♪

とりあえず、当初の目的の一つである
"マリーちゃんと結婚"を達成しました(≧▽≦)

後は、工芸家をマリーが継ぐのかどうかってところですねぇ♪

ちなみにマリーには年の離れた姉ポニーがいて、
ポニーさんはファルケの啓示を持っていないんですね。

なので、工芸家の後継者には、
おそらくマリーが抜擢されると思われる感じだけど
果たして、いつ継承するんでしょうね~?

そこらへんのお話は、また後々ということで♪



さて、結婚についてのおまけ話。


ハニガンさん

…さぁて、
どっちを選ぼうか~?(笑)





というわけで、今回はここまで♪
続きはまた次回に☆ミ
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : ワールドネバーランドシリーズ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する