Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

215年・後のことは、お願いね…

■ 215年 21日

ご危篤です

突然、こんな報せが飛び込んできた。

……ダイアナの、ママ?(==;

え、でも何で?!
この前、あんなに元気そうだったのに!!






▽ Take 1 (没ストーリー(笑))

ちょっと話があるんだけど

Take1は没なので、軽く流して下さい(笑)

親衛隊員のシアさんが亡くなってしまうので、
それよりも前にカルラさんに話かけ、親衛隊を試しに引き継いでみた。


そうしたら、

カルラさん→リルと入れ替え
シアさん→???

って感じになるんだけど、
シアさんの後を継いで親衛隊に入ったのが


リン姉

リン姉だったんで、辞めた(=▽=;

いや、リン姉が嫌ってわけじゃないんだけど、
出来れば、カルラさんの「話があるんだけど」は取っておいて、
次の親衛隊選抜戦の候補者を親衛隊に引き込んだ方が
いいんじゃないかな、と思って。





▽ Take 2 (こっちが本編)

幸せだったよ

朝ごはんの後、お見舞いに行ってきました…。

シアさんはあたしの親友ダイアナのママで、
接点ってほどの接点は無いんだけど、
見かけたら声を掛け合う感じかな。

出来れば、親衛隊で一緒に戦いたかったな…(ノ_・。)




後のことはお願いね

親衛隊に欠員が出れば、必然的にあたしが親衛隊に入る。

当然、シアさんはその事を知っているはずだから、
シアさんのこの言葉は、
きっと、新たに親衛隊員になるあたしに対しての
シアさんが親衛隊でやり遂げたかった事とか
そういうのもひっくるめての想いに感じた…。



そして、あたしは
龍騎士の試練を観に闘技場へ行ったんだけど、


帰宅命令?!

ここで帰宅命令が(=▽=;

っていうか、まわり人がいっぱいで、
とてもじゃないけど、このタイミングで外に出れないよ!(≧△≦)


…なので開き直って
最後まで試合を観て行った(==;



そこまで!

まぁ…、負けちゃったんだけどね……(=▽=;

その後、あたしは
全速力で自宅へ戻る事に!





任命します

なんとか間に合ったけど、ギリギリだったわ(=▽=;

まぁ、仮に遅くなっちゃったとしても
従兄弟のホセバだから、きっとなんとかしてくれたと思うし♪(ぉぃ




その責任と義務を

そして、あたしは親衛隊員になった…。

いずれ勇者になったカルラさんから
親衛隊を引き継ぐんだろうなぁって最初は思ってたけど、
でも、あたしはシアさんのお見舞いに行った時に
シアさんの目があたしに語りかけてたような気がしたんだ。

「後のことはお願いね…。」
って言葉よりもさらに深い、意志のようなもの。

あたしなんかじゃまだまだシアさんには敵わないと思うけど、
シアさんの意志を引き継いで親衛隊に入りたい、って
そんな風に感じたんだよね。

シアさんとしては、親衛隊の事よりも
もしかしたら、ダイアナの心配をしてただけかもしれないけど(==;





至らぬばかりに

その後、白夜の宴へ…。

試合の方は残念だったけど、
みんなでご馳走を食べたり、騒いだりして
明けない夜を各自楽しみました♪






追伸。

ドンとルードは、白夜を楽しんでいるみたいで
なかなか家に帰ってこなかったので
とりあえず、家で待っていたんだけど、
ドンが帰ってきた~!と思ったら、


おといれ

トイレに直行!(=▽=;

っていうか、そんなになるまで
食べてきたの…?(==;




そして、トイレから出てきたんだけど
どこかへ行くみたいだったから
ちょっと声をかけてみたら、


どこに行くの?

また豊穣の広場へ行くらしい…(=▽=;


…っていうか、
家に帰ってきたのって、
宴を堪能したから帰ってきたっていうわけじゃなくて、

単にトイレに行きたかったから…?(==;

さすがにその辺でちょっと…ってわけには
いかないか…(=▽=;







■今回のあとがきコーナー

出来れば月末まで書いちゃいたかったんだけど、
学校へ行く途中に
スマホで前回記事の誤字訂正をした時に
変なところをいじっちゃってたみたいで
家に帰ってきてから
「アレ?!記事が消えた?!」
って感じで大騒ぎ(=▽=;

…書き直しも視野に入れて、
アレやコレやと対策を考えていたら、
単に投稿日付がかなり過去に設定されてUPされてたようで
2013年付け記事として、データが残ってました(==;

とりあえず、全部書き直さなくても
日付をいじるだけで一応済んだんだけど、
書き直しをしようと動いたりしてた事とかもあって
おかげで書き出しスタートが遅れてしまったから
時間が無くなってしまいましたな…(==;


とりあえず、今回は
リルちゃんが親衛隊員になった話なんだけど、
まさかこのタイミングで
シアさんが亡くなるとは思ってなかったです(ノ_・。)

でも、彼女の後を継ぐ形で親衛隊に入れたことは
何だか光栄というか、
幸せ…というとちょっと違うかなぁ?


…まぁ、もし亡くなったのが
シアさんじゃなくてカルラさんとかだったら、
「親衛隊員がやっと亡くなったわ。しめしめ。」
とか思う位だったかもしれなかったけどね(=▽=;




とりあえず、明日っていうか今日は
仕事もあるし、学校もあるので、
今宵はここまでで。


それでは、お休みなさいませ…♪
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : ワールドネバーランドシリーズ

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する