Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

Infinite Loop その2

タイトル画面

先日、チラッと書きましたが、
今回はインフィニットループについて書こうかと(^-^*


ちなみにこのゲームは、PSP用のゲームで、
販売元は日本一ソフトウェアさん。
金額は、2300円くらいだったかな??(DL版で)

で、ジャンルは…アドベンチャーだよね、多分??



大まかなストーリーを書くと、
国名忘れちゃったけど、国王陛下が亡くなって、
王子が王位を継承することになったんだけど、
戴冠式前日に死んでしまうんですよ。

で、王子は幽霊になり、
出てくる登場人物たちに憑依しつつ
その者たちの行動にちょっぴり干渉しながら
謎や悲劇などに挑む物語…というとちょっと違うかな?

まぁ、立ち向かうというよりは
謎を解いて解決できる方法を模索する…って感じかなぁ。



とりあえず、まだクリアするところまで行っていないのと、
ソフトにスクリーンショット機能がなさそうだったんだけど、
終盤あたりからAVケーブル経由でキャプチャしてみたので
ちらっとだけご紹介してみようかと。



ウィリアム殿下

このゲームの主人公は、
死んじゃったウィリアム王子(殿下)。


本体(遺体)は、殿下の部屋に安置されていて
国葬待ちって感じ。

で、ゲーム中は、幽霊になって
誰かの背後に潜んでいる人(笑)

通称、ウィル様。




で、他のメンバーは順不同な感じでごめんだけど、


メイド2人

左:アイシャ / 右:メアリ

王宮のメイドさん。
アイシャは主に王族の皆さんのお世話係、
メアリはどちらかというと、宰相の世話係寄りな感じかなぁ??

ちなみに、王子が亡くなった時の第一発見者はアイシャ。
なので、ゲームスタート後に初めて憑く相手はアイシャになるる~。





宰相さま

宰相のネルズさま。

日本でいうところの、総理大臣みたいなものかね?
国の政治の一番エライ人って感じ??

ちなみにこの人、
序盤はすごく胡散臭い人に思えたんだけど、
ストーリーが進むと、別の意味で胡散臭い人に変わる(笑)

あ、いえ…
胡散臭いというよりも、妖しい…?(爆)





商人ルケス

がめつい商人ルケス。

見るからに胡散臭い商人さんなんだけど、
ケチで儲ける事しか考えてない悪徳商人ってやつかなぁ?
偉い人に賄賂というか、高価な品を送ったりとかね。

でも、逆に利用されちゃったりして
散々な目を見るのだが…(笑)

っていうか、この人、
人相悪いよ!(爆)





司祭様

司教のペリテ殿。

たしか70代のおじいちゃんだったかな?
途中で死にそうだなぁ~?とか思ってたけど、
意外と活躍したりするんだよね、この人。






占い師

占い師のタチアナ。

普段は、ハンニャラ~とか呪文を唱えている人(笑)
この人も重要なキーパーソンなんだけど、
序盤はそれほど役に立たない感じかな???

ちなみに、9日の時に殿下が憑いていると
占いでヒントを貰えるのだ♪

…でも、適切なヒントを貰えるかは微妙っぽい??





グラントさん

没落貴族のグラントさん。

序盤はそれほど大したことは無いんだけど、
中盤あたりからウザくなってくる人(爆)

家が没落して貧乏だからか
上級貴族にのし上がろうと野心を燃やしているタイプってところかね?

ここ最近はあまりのウザさに
画面上に登場すると「カエレ!(爆)」と言ってしまうほど
うっとうしい粘着タイプやね(笑)





ジミーと姫殿下

左:ヴァネッサ王女 / 右:衛兵ジミー

ヴァネッサ王女は、ウィリアム王子の妹で、
ヴィーネ様と呼ばれてる事が多いかな。

ちなみに、ウィリアム王子が亡くなってしまったので、
実質次期女王という事になるんだけど、まだ幼い為
どうするかは検討中といったところ。


で、右に居るジミーは、
普段は王宮の警備をしているんだけど、
宰相のパシリに使われたりもしてるね~。

いいヤツなんだけど、ちょっとね~?(笑)




ドレン閣下

右:ドレン閣下

ちなみに左に居るのは占い師のタチアナなんだけど、
中盤になると、ドレンが登場します!

…一応名前は序盤にも出てくるんだけど、
その時詳しい説明がないので、
「ドレンって誰?(==;」って感じになるはず?

ちなみに、ドレンは昔
財務大臣をやってた人なんだそうな。




とりあえず、主要人物はこんなところかなぁ?

おっと!
肝心のあの方を忘れてた!!




セレスティア

ウィリアム王子の婚約者セレスティア(通称セレスさま)

この人を忘れちゃいけませんね(=▽=;
物語序盤は王子を亡くしたショックで色々大変でしたが、
徐々に元気を取り戻していきます!

…しかし、例のあのお方のせいで
心労とか、ねぇ…?(=▽=;

あとは、体調を崩したりもするので、
セレス様が倒れるBADEND的なものもちらちら…。

でも、とあるイベント実行中は
めちゃくちゃ健気なのよね~!(≧▽≦)ノ




とりあえず人物紹介はこんなもんかな?
誰か忘れ去られている人もいるかもしれないけど、
まぁ、いっか♪




どれを与える?

で、王子の仕事は、登場人物に憑依して
夜になったら夢に干渉することだね。


ゲームを進めて行くと、
少しずつキーワードがたまっていくので
適切なタイミングで、適切なキーワードを選ぶと
それに関係する夢を憑かれている人が見てくれて、
それによって問題が解決したり、
新展開を迎えたりするのよね。




変化が起きたようです

話を進めてどこかで誰かが死んでしまったりすると
自動的にスタート地点まで日にちが戻されてしまうんだけど、
夢によってルートが変化したりします。


ルートの変更は、夢への干渉によってストーリーが変化して
進めなかったところが進めるようになったりするんですね♪

まぁ、進めるようになっても
また違う問題が発生するわけですが…(=▽=;


ちなみに、序盤では4日だったか5日だったかで一度戻されて、
その時の問題を解決できると
今度は10日まで進められるようになるんだけど、
そこで問題が発生するためにスタート地点に戻されたり…。

なので、誰に何の夢を見させて行動を起こさせるか
その辺の判断が必要であり、
ちょっと難しいところなのよね。

この夢を見せればいいのかな?ってすんなり行く事もあれば
全然見当違いだったりする事もあったりで…(=▽=;

あ、ちなみに
ストーリーの進行に関係ない夢は見ないので
その場に適切じゃないキーワードを選んでも
夢も見ないし、ストーリーにも変化が出ませぬ…。




で、物語の性質上、
何度も同じシーンを見なくてはならなくなるので
ゲームのシステムに慣れるまでは
途中で眠くなりましたね…(=▽=;

でも、そういう事を解消してくれるのが、


スキップしますか

タイムチャートからのスキップ機能ですね。

ただし、これには制約があって、
王子が憑いてるキャラクターのタイムチャート上しか移動ができません。

ちなみに、進むことはできるけど、
戻ることはできなかったっけか…?

あと、途中でルート変更が発生した場合や、
そもそも色々な人の間を憑依して回って居た場合、
途中でチャートが途切れてしまい、
行きたいところまでスキップ出来ない事があるのよ…。


あと、それ以外の機能としては、
オートスキップという機能があって、
一度見たシーンを高速早送りしてくれるのね。

ただ、憑依しているキャラが夜寝る場合は
夢を与えるところでスキップが止まってくれます♪




後はキャンドルシステムというのがあって、
いわゆるフラグ管理…っていうのかな?

まだそれを使いこなせていないんだけど
情報によると、
全てのキャンドルに火を灯すには
火が灯った後、他のイベントを行った後、
火を消してイベントを起こしてから
また火を灯すというようなものもあるらしい?




しまった!

とりあえず、プレイの方は
クライマックス(と思われる)あたりまで進みました!


まだ色々やらなきゃいけない事がありそうですが
もう終盤だと思うので、頑張ってクリアしたいと思います♪




とりあえず、今回はこんなとこー♪
ではでは、おやすみなさいませ…☆
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : ゲームプレイ日記

[ 2014/10/23 01:00 ] ゲームの感想 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する