Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

まさか泣かされるとは

昨夜夜更かししたので
今日はお寝坊でした。

仕事が休みということ前程の確信犯たけど
ちょっともったいなかったかな?




0時限目:数学
 テストが返ってきた。
 97点だった。

 んとね、1問は間違っているって
 事前に気付いていたから
 100点はないと思ってたけど、
 97点って思ってたより高い!!

 そんなことを思って見てみたら、
 間違った問題に部分点が入っていたからでした。

 んとね、解く手順、
 その途中の計算が合っていて、
 最初に文章題を式に直す時に
 一箇所間違えてたんだよ。

 本来なら×もらって終了なんだけど
 先生、大分サービスしてくれたなぁ(^-^;)

 だけどね、
 一箇所、しょーもない所で間違えてたから
 ちょっと申し訳なく感じたけど( ̄∇ ̄)




1時限目:現代社会
 経済の話の続きで、
 主に外国為替についてやりました。

 外国為替相場、
 外国為替市場、
 外国為替取引とかね。




それ以降:人権学習
 外から講師の先生を迎えて
 お話を聞きました。

 とりあえず、最初のアプローチでは、
 自分が幸せになれるような
 生き方をしていってほしい
 …というような話から始まりました。

 例えば、
 いい学校を出て、いい会社に勤めて、
 お金持ちになれれば幸せか?
 …ときかれても、そうじゃないでしょ?

 幸せっていうのは、
 お金があるからなれるんじゃなくて
 幸せになるには、どうしたらいいかと
 考えて動いた結果だと思うのね。

 まあ、自分の場合は
 困ってる人の力になりたいとか
 そういう考えの元、心理士を目指してる途中だから
 今のところ順調だと思ってるから幸せだけど、
 昔の自分みたいに
 なりたい自分があっても
 それに近づけないような状況だった頃は
 決して幸せとは感じなかった。

 努力も報われないだろうと
 仕方なくサービス残業の毎日を過ごしたりとか。

 でも、自分がそれをすることで
 喜んでくれる人がいるとか
 何か実感になって返ってくると
 やっぱ、うれしいじゃない?

 幸せってさ、
 結局はそういうのを感じ取れるか、
 感じ取れないかの差なんだと思う。

 あとね、クレクレ族の話も聞いたんだけど
 誰かに「~してほしい」とか
 「~してくれない(~してくれなかった)」
 とか、そういう事ばっかりの人を
 クレクレ族というんだそうな。

 で、そういう人は、
 大概は幸せになれないんだって。

 でも、「~してあげたい」と感じて
 行動ができる人は
 すぐに何かあるわけじゃないけど、
 幸せになっている人が
 多いんだって。

 ただし、
 「~してやろう」と計算で動くような事と
 取り違えてはいけないよー。

 で、その後に
 ディズニーランドのおもてなしの心について
 事例を聞いて泣きそうになって、
 その後見た母の貯金って動画で涙腺崩壊!

 っていうか、バックで流れているのが
 KOKIAっていうのは、反則!(笑)


とまあ、そーゆーことがありました。
本当はその後さらに色々あったけど、
時間の都合上省略( ̄∇ ̄)

 
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : 学校・教育
テーマ : 高校生

[ 2014/11/19 22:40 ] 学校生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する