Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

217年・愛する人を亡くしたら…

本当に幸せだったよ

マクスウェルさんが危篤になりました(ノ_・。)

朝ごはんを食べた後、
お見舞いに行ってきました…(==;




こんばんは、りちぇです。

マクスウェルさんは、
200年の移住者さんいらっしゃ~い企画の際に
この国にやってきた移住さんなのですが、
本人はあまり目立たず、
奥さんを立てるような感じの人生を歩んでいたように思えました。



ようこそ

ちなみに、奥さんのエスポワールさんは
現在魔導師長さんをやってます。


彼女も同時期に入国した移住者さんなのですが、
きっと、彼女の成功の裏には
マクスウェルさんのバックアップがあったからこそじゃないかと
そんな風に思っています。



というわけで、続きいきましょうか~(ノ_・。)





じゃあ劇場でー

さて、今日はその後
劇場へデートに行ってきました。


…実はね、マクスウェルさんのお見舞いに行った際に
森の遺跡を覗いてきたんだけど、
ちょっと嫌な感じがしたんだよね…(==;

なので、近場にしておいた方がいいかな~って…。





そう思っていたら案の定、


現れたようです

お呼びがかかっちゃったね…(=▽=;

仕方ないので、家に着いた後
急いで森の遺跡に向かいました!(><)





さて、そろそろ魔獣のお出ましかな?と思って
身構えてみたら、


ウガゴゴゴゴ

なによ、コレ…(=△=;








倒しました

やぁあああ!(撃退)



  ⇒終了。










葬儀が

その後、葬儀に参列するために
墓地へと急行しました。








さぞかし

葬儀には親族の方や、
親交のあった方々が多数集まりました。


ちなみに喪主をつとめたのは、
学生時代、よく一緒に遊んだジュスト。

でも、やっぱこうやってみると、
亡くなったマクスウェルさんに面差しが似てるわよね。

でも、髪形だとかそういうのが違うからか、
雰囲気はちょっと違う感じではあるけど。






さて、その後、家に帰宅して、
お茶を作ったりしていたら、


遊びに行かない?

ドンが明日デートしよう!って言う(=▽=;

っていうか、やっぱ今日のデート、
あたしが魔獣退治の出動のせいで焦ってて、
あんまりのんびりデートできなかったなーとか思った事を
ドンは見抜いてるのかしら…?(=▽=;

いずれにしても、魔獣さえ出なければ
明日は特に用事もないはずだし
全然大丈夫だけどね♪(≧▽≦)b





で、次の日。


ありがとう

昨日の仕切り直し♪って感じで劇場に来たけど、
他のご夫婦もデートしてたのよね(=▽=;


う~ん、なんていうかこう、
デートはデートで楽しめたんだけど、
もうちょっとこう、幸せ気分に浸りたいっていうか、
のんびりゆったり落ち着いていたかったっていうか(=▽=;




そんな不完全燃焼みたいな気持ちがあったので、


ありがとう

二回戦しに行ってきた!(=▽=;

こっちは途中で誰か来たりとか無くて
ホントゆっくりお風呂を楽しめた感じ♪(≧▽≦)b






さてさて、次の日♪


いってきまぁす

ここのところ大体そうなんだけど、
ルードが朝から出かけたがるんだよね(=▽=;


そりゃ、オフィーリアちゃんと居た方が楽しいだろうけど、
せめて朝食くらいは食べてから行きなさいよ、って
声はかけるんだけどね~(=▽=;




さて、今日は特に予定も無かったので
適当にそのあたりをぶらぶらしていたんだけど、


ファイアブロウ

ホアキン兄がハビィと戦ってたから
ちょっと見物してきた♪


ハビィはリア姉とホアキン兄の息子なんだけど、
時々こうして稽古をつけてもらったりしてるのかな?

でも、割と
ホアキン兄が本気出していないようにも見えるけど(=▽=;




と、そんな事を思いつつ見ていたら、


ごはん何かな♪

カウントが減ってきたら
エンジンがかかり始めた(=▽=;


しかも、なんだか楽しそうに…(笑)




で、最終的に


アーマーブレイク

しっかりKO決めてるし…!(=▽=;

やっぱ現役から退いて何年経つって言っても、
元闘士だし、侮れないわ…(笑)





ちなみに、現役時代は


そこまで!

元親衛隊長のアイヴァンさんもやっつけて
勇者になったくらいの腕前(笑)


っていうか、アイヴァンさん、
かなり強いんだけど
それをやっつけるって、相当だよね…(=▽=;



…でも、バグウェルには勝てなかったけど(笑)





で、練習試合を見終わった後は
家に帰宅したんだけど、
なんかね~、ドンがね~(笑)、

愛してるよ、とか言うんだよー!(≧▽≦)


で、なんだか浮かれちゃって(笑)、


遊びに行かない?

とりあえず、明日もデート行くことにした♪(≧▽≦)ノ






さて、そんな次の日の事。


シェイラさん

甥っ子ゴンの嫁シェイラさんの
危篤の報せが入りました(==;


……いずれはこうなる日が来るとは覚悟してたけど、
それにしても、早すぎだわ……(ノ_・。)




甥っ子のゴン

そもそも王太子であるゴンが
両親の同級生と結婚したのがそもそも…(=▽=;


…まぁ、そうはいっても
シェイラさんとは、それなりに仲良くやってたみたいだし、
リア姉もシェイラさんと仲がいいみたいだったから
あたしがあれこれ言う事でも無いんだけどね…。


だけど、もし…もしもの話だけど、
小さい子ども1人とあたし一人残して
ドンが死んじゃったりなんかしたら、
あたしはきっと、そんな人生に耐えられないと思う(ノ_・。)


しばらくは一人で子どもを一人前にしないといけないと思って
それなりに頑張れるとは思うけど、
子どもが大人になって、自分の元を離れたら
きっと、さびしくてさびしくて
仕方なくなっちゃうと思うのね…。

ゴンは男の子だから、
さすがにそういうことは無いかもしれないけど、
いずれは王位を継がなくちゃいけなくなるわけだし、
色々大変になるだろうなぁ……(==;






安らかな時を

その後、シェイラさんのお見舞いに…。

年齢も年齢だから、
仕方ない事なのかもしれないけど、
出来ればもっと長生きしてほしかったな…。

でも、シェイラさんは、
幸せな人生だった、って言ってた。

なんかね、イスカの乙女に任命された時は
そういうお役目に就けた事を誇りに思っていたんだって。

でも、乙女としての務めを果たしている間に
同級生や友人は次々と結婚し、
歳を重ねるたびに、つらい気持ちになったこともあったらしい。


もしかしたら、自分は一生結婚できないまま、
一人ぼっちでこの世を去るんじゃないか…って、
そう思った時期もあったらしいよ。

だから、自分を愛してくれる旦那さんや、
自分の血を分けた子どもがいてくれるだけでも
私にとっては最高の幸せなんだって、
そんな事を言ってた。


だからかな…?
もうすぐ死ぬかもしれないっていうのに
満ち足りたような微笑みをしているのは…。




だけど、それでもやっぱり…


ジョーディ

遺される家族にとって、彼女がいなくなる事は
相当ツライんじゃないかと思う…(ノ_・。)


そういえば、昔、
王族の中で高齢の方と結婚された王太女がいるって話、
聞いたことがあったっけ。

…って、あたしの遠いご先祖様の話だけど(=▽=;


あたしはその時代を見ていないから分からないけど、
その王太女さまは、遺された子どもを
どんな気持ちで育てたんだろうね…?

…そういえば、その亡くなった配偶者の方も
確か、長年神官をやった方だったとかって
聞いたような気がしたっけ…。



今度、その時の王太女様の事を調べてみようかしら?

あたしもそうだけど、
ゴンもその王太女様の血を引いているんだから、
きっと、この先も乗り越えていけるような気がする。

でも、もしゴンやジョーディがくじけそうになったら、
その王太女様の話でも聞かせてあげようかな?




さて、その後、
あたしはハールの庭園へ行ったんだけど、


劇場に行きましょう

アマンドがイスカの乙女と
楽しそうにしていた…(=▽=;


ちょっと…、アマンドって
マーガレッタちゃんだけじゃ飽き足らず、
イスカの乙女にも出を出したってワケ?(=△=;

っていうか、そんなんじゃ
ガードルードちゃんが可哀想すぎる!(ノ_・。)





ラナンの橋

その後、ドンとラナンの橋へ…。

あいにく、先客がいたわ~(=▽=;

まぁ、そうじゃなくてもここは色んな人も通るし、
賑やかなのは仕方がないけどね…。




その後、しばらくして
墓地へ向かいました。



僕、強いよ!

実の母親が亡くなったばかりなのに、
ジョーディは涙ひとつ流していなかった。


きっと、シェイラさんが
亡くなる前からジョーディに言い聞かせていたのかな?

自分が居なくなった後、
どうしたらいいかとかの話…。


ジョーディはちょうどウチのリードと同級生なんだど、
もしも今、あたしが死んだら
リードはきっと、泣きじゃくるに違いない…(=▽=;


それはともかく、今は大丈夫でも
急に寂しさを感じたりすることもあるかもしれないから、
困った事があったら呼んでね、って
声だけはかけてきた。






シェイラも

そして、葬儀が行われました。

ゴンは、割と落ち着いているようにはみえたけど、
ああ見えて結構ショック受けてるんだろうなぁ…。

心なしか、目が赤いように見えたし。



それはそうと、ちょっと気になったのは
葬儀にホアキン兄は来てたけど、
リア姉の姿が見当たらなかったこと。

リア姉とシェイラさんは
一緒に飲みに行く程、仲が良かったはず…?

だったら葬儀に参列しないのは
何かわけありなのかしら…?



とはいえ、リア姉も
一応女王としての務めもあるから、
単にスケジュールが
調整できなかっただけかもしれないけど(==;

たまたま今日に限って
ゲーナの樹がいっぱい生えてた、とかね(=▽=;




さて、翌日。

今日は年末ということで


これより

ノーマの像を流す儀式をやってました。

だけど、こうやって毎年天使像を流すのって
ちょっともったいないような気もするね(=▽=;

でも、ホントあの像って
どこに流れ着くのかなぁ…?

一年に一度とはいえ、
毎年こうやって流しているわけだから、
もしかしたら、どこかの国の誰かが拾って
家に飾ったりとかしてるのかしらね?


それとも、流されている内に
溶けちゃったりとかするのかな…?

なんか、天使像の素材って、
見た目に反して凄く軽いらしいじゃない。
水にも浮くらしいし。

自分は天使像を彫った事が無いから分からないけど、
もし、柔らかい素材だったら
波とかで溶けちゃう可能性も十分考えられるよね。


でも、もしも溶けないで
そのままどこかの国へ流れ着いたなら
それはそれでロマンチックっていうか、
その像を見てみたい気分かもっ♪(≧▽≦)


…あ、だけど、
天使像って、一年分の厄をまとってるらしいから
拾って飾ったりしたら、
その厄が拾った人に降りかかっちゃったりして?

そう考えると、なんだか怖いわ(=▽=;




さて、今日はその後、近場をぶらぶらして、
のんびり森の遺跡へ向かいました。


現れたな!

で、魔獣が現れたんだけど、
それがまた、ちっちゃいの!(=▽=;


セレン隊長なんか、
「後は任せたわ♪」
って言って、帰っちゃったし(=▽=;

まぁ、このくらいだったら
2人でも十分そうだよね♪(爆)





そう思って挑んでみたわけだけど、


うぉおおお!

思ったより手ごわくて、
焦ったのはナイショ!(=▽=;


「これはもしかすると、マズイ?」
とか思って
みんな本気で技を繰り出していったら倒せたけど、
意外と油断ならない相手だった…(=▽=;




ぎゃー

次戦うときは気をつけよう!(=▽=;




さて、その後、
綺麗な指輪を持って歩くマーガレッタちゃんが気になって
こっそりついてってみたら、


エヘヘ♪

ハビィといい感じでおしゃべりしてた♪

その指輪、渡すのかな~?なんて思ったけど、
それは改めて渡すつもりなのかな♪

でも、あの様子を見ると、
マーガレッタちゃんは、ハビィに決めるつもりと見てよさそうね☆ミ


…それはそうと、向こうの奥の方で
ハビィの兄ゴンサレスがどんよりした空気をまとっていて、
見るにも絶えなかったわ…(=▽=;

やっぱ、シェイラちゃんが亡くなって
相当ショックだったんだなぁ、と(==;





…今日はそんな感じで一日ぶらぶらして、
来年に備えてゆっくり休むことに♪



だけど、なんか…


遠慮しとくよ

ルードがなんか、お客さんと揉めてる?(==;

一体何があったのかしら?と思って
ちらっと遠目に見たら、
話の相手はオフィーリアちゃんみたいね?

でも、おかしいわね?
オフィーリアちゃんのお誘いなら
デートに行けばいいのに断るなんて。



その後、オフィーリアちゃんは
そのまま外へ行っちゃったんだけど
何だか少し気になって、後を追ってみた。


…とはいっても、


来年もククリアの平和を

どうしたのか聞くのも、何だかためらわれたので、
当たり障りのない挨拶だけしといた(=▽=;


まぁ、ルードもこの子もマリッジブルーかなんかで
精神的に不安定になってたりとか、
逆に独身時代を楽しみたいだとか
そんな感じなのかもしれないね♪

オフィーリアちゃん、
デートの誘いを断られた時、悲しそうな顔してたし、
ルードはルードで
そんな彼女の気持ち、
全然分かってなかったようだったし(=▽=;



まぁ、とにかく、
どうせその内仲直りするだろうし、
ほっときましょうかね~♪(爆)






◇今回のあとがきコーナー

冒頭でマクスウェルさんが亡くなりましたが、
シェイラさんとの格差が生まれてしまった気がする(ノ_・。)

個人的には、そのあたりを反省;;



ちなみに、
私の中のマクスウェルさんのイメージは、
優しくて、料理が上手で
めちゃめちゃ奥さんに尽くしているイメージ(≧▽≦)b

たとえ尻に敷かれても
にこやかに微笑んでいるような感じの…♪

いつも魔導師の仕事で忙しい奥さんの代わりに、
家事全般をなんなくこなし、
子どもの面倒も良く見てくれるような
そんなパーフェクトな旦那さんっぽいなぁと☆ミ


今まで旦那さんになった人は
4aが殆どなんだけど、
6cの旦那さんを貰ってみるのも悪くないかな?とか
そんな事を思ったりもしました♪

何だか癒されそうだよね~!(≧▽≦)b




さて、前々から思う事はあったけど、
やっぱシェイラは逝ってしまったか…(ノ_・。)

ゴンサレスと結婚するって決まった時から
「こりゃ、子ども産めるのか心配だわ(=▽=;」
とか、色々思ったりもしたものだけど、
ジョーディも生まれて、一応幸せそうにやってたから
もしかしたら、割と長生きしてくれるかな?とか
淡い期待もしていたんだけどね(ノ_・。)


そういう意味では、
昔、同じように長年乙女をやっていて
婚期が遅れたカトリーナさんなんか
白髪になるまで生きたからね…(==;

出来ればカトリーナさんの余命を
少しシェイラに分けて欲しかったくらい(ノ_・。)
…まぁ、無理だけど(=▽=;





ちなみに、途中に出てきた王太女様の話だけど、


グリゼルさま

結婚当初は王太女、
後に女王になったグリゼル様です(≧△≦)ノ


このグリゼル様がね、
何を考えたのか
かなり年上の伯父さんと結婚しちゃってね…(苦笑)





おじさま

伯父さん、アスター神官やってたから
恋愛とかなかなかうまくいかなくってね…。


グリゼル様に拾ってもらえなかったら
一生結婚できなかったかもしれないくらい(=▽=;




ちなみに二人の間には、
マリアノ王女が誕生しているんだけど、
この当時2歳でした…(==;



でも、まぁそのマリアノ様が無事に育ってくれたから
今の王家があるわけです♪




というわけで、今回はここまで☆
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : ワールドネバーランドシリーズ

おはようございますv
りちぇさん、おはようございますi-189
更新、ありがとうございました、今回も読みごたえがありました!

移住者さんの動向は何気なく気になるもんですよね( ..)φメモ
6c系の男性って壮年期に入ると穏やかな雰囲気になっていいかもって
思ったことがありましたv 良い旦那さん、良いお父さんって感じが。

我が国ではリルちゃんが今年も農場副代表になりました(●^o^●)
りちぇさんのリルちゃんが親衛隊で活躍されている姿を見ると、良いなって思いますが、どうも戦士には興味ないですね。ラダの世話が大好きみたいです。
後、PCの息子がアスター神官になってからもモテモテで、先日は4人の女性に
ぞくぞくと追いかけられていました…((+_+))
しかし、息子の彼女は浮気相手と盛り上がってしまい、とうとう浮気相手が本命になっていました。あげくに下の息子まで声をかけてくる始末。。
。おまけに息子とデートしたら即行、浮気相手にデートを誘う現場を
目撃をしたので、もう堪忍袋の緒が切れまして、息子にふさわしいしっかりした嫁さん候補を召喚しました。

見ていると、デートをしたら1回で本命が変わったので相性がよかったみたいです。その後、成人したばかりの子に引き継ぎをしていましたが、今までの反動がきたのか毎日ガールハントしてます(苦笑) ドンさん並みです。
彼女どれだけいるんだろう…。3人か4人はいるんじゃないかしら(゜_゜>)
彼女もモテるみたいで婚約したのにしつこく毎日声を掛けてくる人もいたり、息子が捨てられないかとまたハラハラしますが。。。婚約寸前なのでストーカー母ちゃ、がんばります。
というか、今未婚男性が少ないのがいけないかと。成人してもすぐに彼女+浮気相手の恋愛になっているし。困ったもんです。
人口が偏ってきている場合は、自分で移住者さんを入れたりして調整していますのでしょうか?人口過密になってしまうと子供が生まれにくくなるので躊躇っているのですが。。。バランスが難しい時期にきているのかな。

長々とすみませんでした、インフルエンザが流行期なのでご自愛ください。(●^o^●)



[ 2015/01/13 07:34 ] [ 編集 ]
恋人に対する思考
クロッカスさん、こんにちは♪

どうもNPCとか見ていると、
本命→仲良しさん→本命…というように
交互にデートしてる人、多いですね。

デートの約束をしている相手とは
デートが終わるまで次の約束を入れられないから、
他の相手を誘いに行ってしまうのかな?って
思ったりもしてるけど
それでも本命以外からのお誘いは
受けにくいとかあるといいのにね(´ー`)



あと、移住者による調整は
明らかに男女比がおかしい場合は
微調整ありだと思います。

ただ、人口が多くて
台帳10ページとかいくようなら
ちょっと控えた方がいいかもです(´・ω・`)
[ 2015/01/13 16:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する