Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

220年・王太孫に想いを託して…

何してるの?

朝、外へ出かけたら、ロビンに会った。

こんな朝早くからどこに行くのかな~?と思って
ちょっと聞いてみたんだが、

「何しようかな~?」

とか言って
なんか誤魔化そうとしてるみたいなんだよねぇ。

…まぁ、どうせ
デートか何かだろうけどさ。


ちなみに、コイツとは昨夜、
色々話をしたわけだけど、
現在ロビンはヨランダを狙っている。

だけど、当のヨランダは、ジーノに思いを寄せている…。


後々厄介な事に
ならなければいいんだけどな。



-*-*-*-*-*-*-


さて、今日オレは
昼からエリアと待ち合わせの約束をしているわけだが、
何となくポーレットの事が気になったので、
ちょっと彼女の家の近くまで行ってみることにした。



すると、フェイの森で
彼女がこっちの方向へ歩いてきたから
おーい!と手を振って呼びとめようとしてみた…のだが…。


おーい!

「あ…、おい!ちょっと!…お~い!(=□=;」

…なんか、俺が一生懸命声をかけたのに、
スルーされたんだけど、何で?(=▽=;

ついでにエリアにも声をかけてみようかと
思ったりもしたんだけど、
後々ややこしい事になりそうだし、やめておいた…(==;



っていうか、そういえばだけど、
エリアの父さんであるナウムさんは、
闘士だったっけね。

ポーレットとは家が近いし、きっと仲もいいんだろう。



……って、待てよ?

もしかすると、エリアのヤツ…、
今日オレとデートだとかそんな事
ポーレットに吹きこんだんじゃあるまいな?(==;


そうなると、俺がスルーされたのって、
ひょっとして、嫉妬か…?
それとも、嫌われたか?(==;


とはいっても、そういうポーレットだって、
昨日、ロビンとデートしてたんだし、
人の事、とやかく言える立場じゃないだろ…。

いくら怒ってるとかだとしたって、
オレの事、無視する事ないじゃないか…(=△=;




そんな事を思い、
オレはトボトボと元来た道を戻ろうとしたその瞬間、
目の前に急にふわっといい香りが漂い、
オレが顔を上げると、


チューしよう?

「ねえ、チューしよう♪」
と、囁きかけるポーレットの姿が…!


オレは思わず、
「あ…、ああ。」
と、気の抜けた返事を返してしまった。

そして、甘いようないい香りと共に
ポーレットの顔が近づき……。



…柔らかな感触が離れると、
オレは、少しだけ切ないような気分になった。

もう少し、触れていたかったな…。


……ってオレ、
今何考えた!?(=▽=;




彼女の方に目をやると、
何だか気恥ずかしそうに、微笑みを浮かべ、
こう話し出した。

「さっきは、本当にごめんなさい。」

…あ、ああ。
オレが呼びかけたのに、
そのまま行っちゃった事を言ってるのか?

と、俺はそう思ったので、

「いや、大丈夫だよ。急ぐ用事があったんだろ?」

と、何となく返事を返す。
すると彼女は、こう言った。

「ごめんなさい、近くに友人が居たから、少し照れくさくなって…。」
「あ、友人ってもしかして、エリアの事?」
「ええ…。だってあの子、
 あたしがリードさんとおしゃべりなんかしてるのを見たら、
 絶対、からかいに戻って来ると思って…(=▽=;」
「…ああ、アイツなら十分ありえる(=▽=;」
「それで、とっさに聞こえないフリしちゃって…ごめんなさい。」
「あ、いや。大丈夫だよ。」

オレはなぜかホッとした。

それにしても、エリアのヤツ、
オレだけじゃなく、ポーレットまで
日常的にからかいに来たりするのか…?(=▽=;

…でも、エリアの事は別として、
割とポーレットがいつもどおりな感じがするって事は、
エリアのヤツ、今日オレとデートするって事は
ポーレットには黙ってくれてるってことか…?

オレはてっきり、
エリアがポーレットに
「今日ね、リードとデートするんだ♪」とか言って、
それが原因でスルーされたんだと思ってたんだが(==;


まぁ、それはおいといて、だ。



遊びに行かない?

「ポーレット、明日二人で遊びに行かない?」
って感じで、彼女をデートに誘ってみた。


なんかさ、ロビンが彼女とデートしたって聞いて、
何ていうか少し、心がざわついてさ。

なんだろな、ロビンには負けたくないっていうか、
ロビンには渡したくない、っていうか…。

なんかちょっと意地を張りたいような
そんな気分になったというか。


オレはそんな調子ではあったんだけど、
それに対して彼女は、
何だかとてもうれしそうに、

「いくいく♪それじゃあ明日、ハールの庭園でね♪」

と、笑顔を返してくれた。

…何か、こういう反応をされちゃうと
こっちも何だか悪い気がしない♪





-*-*-*-*-*-*-


ポーレットと別れ、俺は城の方へ向かっていたんだけど、
その途中で、ジョーディを発見。

少し緊張しているような、
気合いが入っているような感じがしたので、
おそらくデートかな~?と思って、
オレはこっそり後をついてってみることに。


すると…
どうもデートではなかったようだけど、


二人でどこかに

ジョーディは、リディアーヌのところへ行って
緊張しつつもデートの約束を取りつけていた。


ジョーディの誘いに対して
リディアーヌがいい返事を返したようで、
さっきまで緊張していたジョーディの表情が一転、
たちまち笑顔になって、喜びに満ち溢れていた。

思わずこっちも
「やったじゃないか、おめでとう!」
と声をかけたくなるような、そんな雰囲気が漂っていた。



そういえば昨日ロビンが、
リディアーヌの事を
ジョーディが狙ってるから気を付けろとか言ってたな。

…だけど、なんていうか、
多分だけど、
ジョーディはリディアーヌの事を
本当に大切に想っているんだと思う。

なんか、さっきのやり取りを見てて
特にそう思った。


…なんていうか、正直オレなんかより
ジョーディと一緒になった方が
リディアーヌにとっては、幸せかもしれないとか、
何となくそんな事を思った。

幸い、ロビンも彼女の事を諦めたっぽいし、
ちょうどいいんじゃないかなって。


それに、あいつは後に国王になる男だ。
リディアーヌくらい、しっかりした嫁を貰わないと
いけないだろうしな♪(笑)


…まぁ、諦めるっていうのとは違うけど、
なんか、彼女の幸せを見守るのも
悪くないかなぁなんて、
そんな事を思ったわけで。






……って、待てよ?

っていうか、リディアーヌは何で
ここにいたんだ…?

っていうか、もしかすると
今日これから誰かとデートなのか?(=△=;



何となく気になったので、
少しハールの庭園で様子を見てみることにした。




しばらくすると、一人の男がやってきた。


……っていうか、アイツは(=△=;




オレはもちろん、そいつの事を知っていた。
そして、無性に腹が立った!


行こう行こう

ロビン、お前ってやつは……っ!(=□=;

思わず顔を睨みつけそうになったけど、ぐっと堪えた!

っていうかお前、
リディアーヌは諦めて
ヨランダにいくんじゃなかったのか?

オレに頑張れって感じの事言ったのは、
一体なんだったんだよ!(=▽=;





-*-*-*-*-*-*-*-


…それからしばらくして
エリアがやってきた。


どこに行く?

「ごめん、お待たせ~♪どこに行こっか(≧▽≦)ノ」

いつもの軽いノリで、オレのところへやってきたエリア。

……ダメだな(笑)

さっきまでロビンの事でむしゃくしゃしてたけど、
コイツのノーテンキを見ると、
そんなことで怒ってるのが、なんか馬鹿らしくなってくる(笑)



「そうだな…、じゃあオレが決めていいか?」

元はと言えば、こいつが言いだした事だし
行き先もこいつに任せておけばいいかとも思ったが、
まぁ、初めてのデートだろうし、
とりあえず、オレがエスコートすることにした。




……そうしてオレたちがやってきたのは、


いい香りが

とりあえず、果樹園(=▽=;

…まぁ、いや、なんていうか、
この前、ポーレットとここに来た時に、
なんかいい雰囲気になったっていうか、
意外とこういうところもいいなぁと思って(=▽=;

きっと、エリアも喜ぶだろうなぁって
そんな風に思ったんだよ。



相変わらず、ベルカやシトラの
甘くて爽やかな香りが漂ってて、
エリアからも、いい香りがしていた。

……だけどなんだろうな?

前来た時の方が、
もっと、盛り上がったっていうか、
なんかこう、ドキドキしたりとかしたような
そんな気がしたんだよなー(=▽=;

やっぱ、二回目だから、
感動が薄かったのかな…?(==;


前回は思わず
ポーレットの柔らかな髪に触れたり
抱きしめたりしちゃったけど、
今日はなんか、そういうムードじゃなかったっていうか、
まぁ、普通に遊んできただけだな(汗)





-*-*-*-*-*-


その後オレは、エリアを家まで送りとどけてやった。

エリアはデートが楽しかったらしく、
割とテンションが高めだった(=▽=;

「ねぇ、リード!今日すっごく楽しかった!(≧▽≦)」
「そうか、それは良かったな。」
「うん!また遊ぼうね♪」

エリアがそう口にしたとき、
オレは、ふと思った…。

正直、オレがいつまでもこいつの面倒を見ていたら、
こいつは本当の恋に出会えないまま、
ずるずると時を過ごしてしまうんじゃないか…って。

ぶっちゃけ、エリアとは
子どもの時の延長線って感じで
まぁ従姉妹だから、友達とは少し違う感覚だけど、
恋人って感じじゃないんだよね。

もし、このまま今みたいな関係を続けてたら
いずれ、気持ちが変わる可能性もあるかもしれないが、
現時点では、正直あり得ないな…。


そして、オレはあえてエリアに
こう告げた。




時間が

「時間が合えばね…。」

本当は、もっとちゃんと幸せを考えた方がいいぞーとか
もっと他にちゃんとした彼氏探せーとか
色々言ってやりたい事はあったけど、
いい言葉が見つからなかったというか…(=▽=;


「うん、分かった!それじゃあまた時間が合うときにね~♪」

と、エリアはそう言い、
またね!と軽く手を振った。


……これで良かったの…かな?(=▽=;






-*-*-*-*-*-


エリアを家まで送った後、
特にあてもなくぶらぶらと歩いていると、
その途中でリディアーヌとばったり会った。

「リードさん。」
「あ、リディアーヌ。」

ここのところまともに話してなかったし、
ロビンやらジョーディの事もあったから
お互い、何となく気まずいような、そんな空気が流れた。


しかし、彼女は何か意を決したようで、
オレに訪ねてきた。


聞きたい事あるんだけど

「リードさん、その…、聞きたい事があるんだけど…。」

彼女は、少し気まずそうに
オレにそう言った。

オレに聞きたい事…?
一体、どんなことだろうか…(=▽=;


とりあえずオレは、
「どうしたの?」と、彼女に訪ねる。

すると彼女は…、


私の事、好き?

「私の事…、好き?」

と、オレに聞いてきた(=□=;


……そう聞いてくるって事は、
オレがあまりにもほったらかしてるから
心配になったというか、不安になったとか
そういう事だよな?(=▽=;


だってさ、他にもっと好きな男が居れば、
わざわざこんな事を聞く必要もないだろ?


でも、オレは…、
オレよりもこいつの事を大事に想ってるやつを知ってるし、
彼女だって、きっと、オレなんかよりも
そいつと一緒にいる方が、楽しいに決まってる。

彼女の事は、好きだけど、
でも、愛しているとかどうかとなると、
正直、何とも言えないのが本音…(==;



「そんな事、言わなくても分かるでしょ?」

オレは、彼女にそう告げた。
それをどう受け取られるかは分からないけど、
でも、彼女にはそれで伝わるような気がした。


すると彼女は、
心なしか少しがっかりしたような表情を見せ、

「分かってる…、ごめんなさい。」

と微かに苦笑いを浮かべながら、そう答え、
静かに帰って行った…。



悪いな、リディアーヌ。

本当に謝らないといけないのは、
オレの方なのに……。





-*-*-*-*-*-


リディアーヌに好きかどうか聞かれ、
微妙にあいまいな返事をしてしまったオレだけど、
でも、その事がきっかけで
オレの心の中には、変化が生まれていた。

…いや、もしかしたら
オレ自身が自覚していなかっただけで、
本当はとうの昔に答えが出ていたのかもしれない。


それは、うまく言えないけど、
ポーレットを誰にも渡したくない、という事。
そして、彼女にそばにいてほしい、という事。


彼女と結婚してどうのとか、
そこまでのビジョンは正直まだないんだけど、
そばにいたかったり、いてほしかったりするのは
オレの正直な気持ち。



そう思ったオレは、
まず、エリアの元を訪れた。


オレと居て、本当に楽しい?

「なぁエリア、オレと居て本当に楽しいか?」
「何言ってるの?」


正直、オレ的には、
エリアは妹みたいな感じのポジションで、
困っていたら助けてやりたいとか
そういう気持ちはあれど、
恋愛感情は無いんだよなぁ…。

しかし、エリアはどうなのか、正直読めん(==;



「真面目な話なんだけど…。」

オレは、一言付け加えた。
まぁ、エリアの事だから、
オレが真面目に話してたとしても
冗談にしか思ってないかもしれないが(==;


するとエリアは、
「当り前でしょ♪(≧▽≦)」
と、いつもの笑顔で答えた。

……まぁ、そりゃそうだろうね(=▽=;

とりあえず、これ以上あーだこーだ言っても
あんまり意味が無いような気がしたので、
オレはその場を後にした…。





-*-*-*-*-*-


その後オレは、


飲みに行かない?

ちょっと思い立って、ジョーディと飲みに行くことに。

こいつとはそれほど仲がいいって程でもないんだけど、
ちょっと確認しておきたい事があってね。



…そう思って酒場へ付いたものの、
品物が何もなくて、その場でお開きになってしまった(==;

う…、ちょっと誤算…。




しかし、帰る方向が途中まで一緒だったので、
軽く話しながら移動をすることに。


「しかし何もないなんて参ったよな♪」
「そうだね~。でも、何かあったの?」
「ん…?」
「あ…、その、リードくんから飲みに誘われるのって
 何だか珍しいなぁと思って。
 …もしかして、何か話したい事とかあったのかなって…。」

っていうか、意外とジョーディって鋭い!(=▽=;
でも、おかげで話すきっかけが作れたぞ!


「実はさ、リディアーヌの事でさ…。」
オレは、思い切ってこの話題をぶつけてみた。
すると、ジョーディは少し照れくさそうな表情を見せた。

「彼女とはその…、どうなのかな、と思って…。」
なんか、うまく言葉がみつからなくて、
少し微妙な質問になってしまったが、
ジョーディは、その問いかけにこう答えてくれた。


「彼女は、僕の憧れの人だったんです。」
「憧れの人?」
「ええ。実は僕には、そんなに仲がいい友達がいなくて…。
 そんなときに、僕に手を差し伸べてくれたのが、彼女なんです。」
「へぇ~♪」
「一部の人は、僕が王家の人間って事で
 変に気を遣ったりとかする事があるんだけど、
 彼女は、そういうのを気にせず、僕に接してくれて…。」

ジョーディは、その当時の事を懐かしく思ったのか、
軽くうつむき、頬笑みを浮かべた。

「彼女は、僕が落ち込んでいる時に励ましてくれたり、
 僕が嬉しい事があった時は、一緒に笑ってくれた。」
「ああ、あいつはそういうところあるな!」
「…彼女のやさしさは、
 決して僕だけに向けられているものではないと
 そうは分かっているんだけど…、
 でも彼女は僕にとって、特別な人なんです。」
「そっか…。」
「でも彼女、ここのところ何だか無理をしているように見えて、
 何だか放っておけなくて……。
 僕には原因が良くわからなくて、どうする事も出来ないけど…。」
「…………そばにいてやるだけでもいいと思うぞ。」
「え…?」
「リディアーヌはああ見えて、結構寂しがり屋なところがある。
 だからそういう時は、一緒にどっか出かけて気分転換したり、
 話を聞いてやるだけでも、いいと思う。」

リディアーヌは幼いころ、父親を亡くしている。
そのせいか、少し寂しがり屋なところがあるんだよな…。

そのくせ、人にはやさしいから
あまり、寂しがり屋なところは表には出さないけど。

オレは幼馴染だから、
そういう部分、何となくわかるんだよな…。



…と、そんな事を話している間に
分かれ道に出た。

「おっと、ジョーディはラナン区だから、ここでお別れだな。」
「あ、そうだね…。」
「あのさ、ジョーディ…。」
「うん?」
「こんな事言うのもおかしな話と思うかもしれないけど、
 あいつさ、しっかりしているように見えて
 一人だと危なっかしいやつだから、
 あいつの事、よろしく頼むな?」
「え…?」
「いや…。おまえならきっと、あいつを幸せに出来ると思うからさ、
 頑張れよって、そう言いたかっただけ。」
「あ、うん…、ありがとう!」
「ん♪それじゃあ、またな!」


オレはジョーディに軽く手を振ると、
家へと帰って行った。

まぁ、あいつならきっと、
リディアーヌの事を任せられるだろう。

まぁ、少しズルいような気もしたけど、
オレは、それが一番いい方法なんじゃないかって
何となくそう思ったんだ。











◇今回のあとがきコーナー♪


こんばんは、りちぇです♪

いやー、なんかちょっと複雑な感じになってきましたが、
うまくまとまってますでしょうか、どうでしょうか?(=▽=;



一応ですね、りちぇ目線で彼らの恋模様を見て思ったけど、
ジョーディが何だか一途な感じで、
しかも性格もいいから、
きっと、リディアーヌの事も大事にしてくれると思うんよね。

少なくともロビンよりはずっといい!(笑)



あとそのロビンですが、
一応ヨランダに乗り換えたものの、
まだリディアーヌにも未練があったみたいね(=▽=;

まぁ、ヨランダもジーノが本命って事があるから、
リディアーヌはキープってことなんでしょうが…(==;



で、後は、従姉妹のエリアですね…。

彼女とリードは、子ども時代からそれなりに仲が良くて、
リードがエリアの家へ遊びに行くようすも
過去に見た事があります(=▽=;

まぁ、いとこだしね(笑)


ただ、私の直感では、
エリアは恋愛対象ではなくて、
やっぱ、小さいころからの
きょうだいのような感覚の遊び相手って感じじゃないかと。


実は今回、使えるスクショが無かったため
あえて書かなかったんですが、

エリアにはリード以外にも
隠れ彼氏がいる事が判明してます(=▽=;

なので、プレイ中にそれを知った時、
「ああ、じゃあエリアは彼に任せとけばいいや(ぉぃ)」と
別れ話を切り出して失敗した、というのが
実は、本当の本当だったりする(ぇ



…と、なんだかんだしている内に
時間が押してきてしまっているので、
今回はこの辺で。


…明日、朝6時出勤なので
そろそろ寝ることにしまーす(=▽=;
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : ワールドネバーランドシリーズ

ロビンは~!
りちぇさん
おはようございます♪

更新ありがとうございます!

ジョーディなら性格もいいし
リディアーヌをずっと大事に
してくれそうですよね(*^^*)
二人がくっつくといいなと
勝手ながら思いました。

ロビンはどうしようもない
感じですね…(-""-;)
あっちこっちに手を出して
他のカップルを巻き込んで
いるのが、嫌な感じ!

ロビンとエリアがくっつくと
都合がいいのに…と
思いました(^o^;)

リードくんは、もう
ポーレットちゃんを本命に
するのかなぁ。ロビンが
ちょっかい掛けそうだし。
続きを楽しみにしています♪


りちぇさんの過去の記事に
“縦ロール”さんの話が
ありましたが、うちの国の
リルちゃんの長女の子供の顔が
金髪の縦ロールでした!
お花畑の屋敷に住んで
性格が“良く出来た性格”
容姿が金髪の縦ロールなんて
いかにも良家のお嬢様!
だったので、驚きました。

では、ご自愛ください。
[ 2015/02/23 09:19 ] [ 編集 ]
ホントうっとうしくて(笑)
クロッカスさん、こんにちは♪(≧▽≦)ノ

ホントもうね、ロビンがうっとうしくて
仕方が無いっていうか(=▽=;


ただ、この段階では

ジョーディの本命→リディアーヌ
リディアーヌの本命→ロビン
ロビンの本命→ヨランダ
ヨランダの本命→ジーノ
ジーノの本命→ヨランダ

って状態なので、
リディアーヌがどっちへ行くか、って感じなんですよね(==;


でまぁ、リードの方は
リディアーヌを幸せに出来そうにないという判断で
ポーレット方面へということになってしまいますが(=▽=;

でも、そこで引っかかってくるのが
エリアなんですよねぇ…。

ちなみに、エリアに関しては
前回のあとがきにちらっとヒントを書きましたが、
そこらへんの話を次回あたりに書けるのではないかと…。




さて、そちらの国の頑張り屋長女ちゃんは
金の縦ロールちゃんなんですね♪

っていうか、
ブロンド縦ロール、更にお屋敷住まいとなると
それこそホントにお嬢様ですね(笑)

…何となく、お蝶夫人(?)を思い出しました(爆)
(性格は全然違うだろうけど♪)
[ 2015/02/23 14:57 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する