Star Symphony☆ミ

主にゲーム"WorldNeverland"シリーズのプレイ日記など♪

ざっくり進行状況を…♪

第一話

この前、時間の都合上書けなかったので、
イケメン戦国の近況でも書こうかと。


自分はあんま気にしない方だから
思ったまま書いちゃう感じだけど、
もし、ネタばれとか気にするタイプの人は
見る時、注意してね?




それじゃあ行ってみようか!




◇イケメン戦国

どっかで聞いたような

主人公は戦国時代にタイムスリップした
社会人女性なのです♪


で、本能寺で織田信長の命を救った事がきっかけで
織田信長の元に身を寄せることになったんだけど、
なにせテレビもないし、ラジオもないし…(笑)

あ、ちなみにだけど、
今までプレイした分のシナリオを読んでの感想だけど
私は結構楽しんでますよ♪

今やってるところまでの間で考えると
ラブ要素はまだ少ないけど、
その後の展開が気になるようなところはある。


…まあ、それは
しばらく前にやってた『旦那さま(以下略)』も似たようなものだけど。





んで、シナリオだけど、


三択

たまに選択肢が出てくるよ。

ちなみにこの選択肢で
エンディングの方向性が決まるんだってさ。

あとは、多分だけど、
恋愛度数みたいなものにも絡んでくるらしいから、
あんまり変な選択肢を選ぶと、
途中で恋愛度みたいなのが足りなくなる可能性が
ありそうに思えたかな??

多分、万が一そうなった場合は
課金アイテムなりで上げないと
進行不可能になる可能性が
もしかしたらあるのかなぁ?って予感がする…。


まぁ、今のところは何とかなってるよ。




ああ、そうそう。
その選択肢の話で、
佐助さんがわざわざ説明に来てくれてたんで
チラッとそこから引用しよう。




楽しんでる~?

「彼との物語、楽しんでる?」と
まず聞かれたりするわけですよ。


ちなみに、前記事にもチラッと書いたけど、
プレイ始めた頃は、

どうせ最終的に佐助と現代に帰らないといけないんだし、
下手な武将よりも、佐助にしとけばいいじゃん?

くらいのノリ?に考えてたんで、
楽しんでる~?とか聞かれても~って気持ちが
正直あったな、って感じ??(笑)





それぞれ上がるよ

で、選択肢で『幸福度』や『情熱度』が
上がっていくわけですよ。


まだそこまで行ってないから推測の部分もあるけど、
シナリオの最後の方に差し掛かった時に、
幸福度、あるいは情熱度が一定量に達していれば
それに対応したエンディングが見れるっぽいね。

で、両方とも達していれば
両方見ることができるか、
あるいは、どっちか選ぶことができるかってとこかなぁ?





で、そのレクチャーの後に


贈り物だー

何か貰ったよー。
でも、使わずにしまいっぱなしだな…。


多分これ、幸福度と情熱度を上げる薬っぽいね。
進行上、どうしても足りない時は
これ使えばいいって感じかな。

まぁ、数字的には微々たるものだろうけども♪






おつかい

で、ストーリーの方は、
お遣いで金平糖を買いに行くんですよ。


で、城下町に買い物に出かけたときに、
おそらく真田幸村になるのであろう
『幸』と再会するんだよね。


あ、ちなみに幸とは
本能寺で信長を助けたあと、
森で一旦会ってて、
その時に崖から落ちそうになるのを
助けてもらってるんだよね。



んで、金平糖の買い出しだけど
結果としては
幸に最後の1つを先に買われてしまって
主人公は買う事が出来ないんだけど、
譲ってほしい!って感じで幸を追いかけてって
その結果、



しょうがねーから

町はずれで
山賊に襲われます…(=▽=;


まぁ、もちろん幸がやっつけてくれるんで
全然問題はないんですけどねー♪




…っと、あんまり色々書きすぎるのも
宜しくないかしら??

楽しみ減っちゃうかもしれないしね♪





というわけでこの先は
ちょっと印象に残ったシーン的なものでも♪




誕生日

えっと、本編には関係ないけど、
この間、家康の誕生日だったのよ。


で、現在、その関係のイベントが行われているんだけど、
割と最初の方はすんなり進むから、
特別シナリオを楽しんだ感じかな♪

ただ、本編と違って、
『家康と恋人』っていう設定で物語が展開されるから、
周りの登場人物の態度とかそういうところに
多少の変化は感じ取れるような感じだったかな?






さて、本編に戻すけど、


眼鏡

ある日、三成さんが眼鏡をかけて
歩き読書をしてた事があったのよ。


で、それを見て最初、
『ああ、佐助が三成に化けてるんだな♪』
とか思ったけど、違った(=v=;


…まぁ、自分の頭によぎったのは、
佐助が三成を奇襲して身ぐるみを剥いで、
縄か何かでぐる巻きにして、
どっかトイレかなんかに押し込めといて、
んで、三成に変装した佐助がここに来たんだ、と
その時はそう思ったんだよ(=▽=;


だから最初、
『佐助、すげぇ!(爆)』
とか一瞬思ったりした……(=v=;


でも、残念ながら
アレは三成本人のようです…♪




さて、家康誕生祭に戻すけど、
これ、序盤は割とサクサク進むし、
物語券っていうのかな?アレがいらないから
気楽には始められる感じ♪



…ただ~。


恋の試練

この辺から辛くなってくるんだよね…。

シナリオを進めるために
決められたアイテムを購入して
身につけないといけないのよ。

まぁ、こういうのは
前やってた『旦那さま(以下略)』にもあったから
それほど動じてはいなかったけど、
この時、4050両しか持ってなかったから
コレ買ったら、お金がほぼなくなった…(苦笑)




で、更に話を進めると、


乙女度を

今度は、乙女度を上げろと…?(=▽=;

しかも一気にハードル上げてきたな、こやつめ!
(↑佐助のせいではないんだけどね)




ちなみに、本編の方でも
この後、同じような試練があってさ、


2種類のアバター

初回だったから佐助が説明に来てくれたけど、
衣装には2種類あるんだよね。


ひとつは、お金を出して買える普通のヤツ。
もうひとつは、課金して買う事が出来るプレミアなヤツ。

ちなみに、プレミアの衣装…っていうかアバターを買って
それを身につけて進行すると、
甘めの特別シナリオが読めるという
お約束的な展開ですね♪

……まぁ、例の『旦那さま(以下略)』の時に
そういうので大分貢がされたので
そういうシステムはよーっく分かってます(=▽=;




しかし、
それはいいんだけどさ…


個人的に

どうもイマイチ佐助からみた主人公の立ち位置が
時々よく分からん…(笑)


「お前、彼女に気があるのか?(笑)」とか
ツッコミを入れたくなるんだが…(爆)


自分はほら、どうせ武将に恋したって
最終的には悲恋に終わるだろうと思ってるし、
最初に佐助に言われたように
武将たちに深入りしようと思ってなかったから、
逆に佐助の言葉が意味深に聞こえてしょうがない(笑)


っていうか、そうじゃん!



進んでみて

佐助って、武将に深入りするなとか言っといて
主人公をけしかけてくれるのよね(笑)


っていうか、どうしたいんだよ、あんた…(爆)



まぁ、それは置いといて、


プレミアの

特別シナリオ付きのプレミアアバターは
ゲーム内通貨(両)では買えないんだよねぇ…。


なので、
『読みたければ金を出せ♪』
って事なんでしょうな…(=▽=;








その後、


試練

家康イベントの乙女度を上げて
シナリオを進める事にしました。


…でも、知ってる~?
イベントでの乙女度と、
通常シナリオでの乙女度に当たる姫度は
全く別物になるので、
イベントの方でガシガシ乙女度を上げたとしても
イベントが終わってしまったら、何も残らないんだよねぇ…♪


ついでに書くと、
乙女度や姫度を上げる際、
『姫磨き』を行って
他のゲームで例えるところの『体力』を消耗して
美しさ?に磨きを欠けていくんですよ。


だけど、その体力的なものが
イベントと通常で分かれているわけではないので、
イベントの姫磨きに力を注げば
通常シナリオの姫磨きに手が回せなくなる。


もっとも、どっちかのシナリオを単発で進めていれば
特に問題は起こらないのかもしれないけど、
同時進行をしていくと、
当然、どこかで壁にぶつかる…(=▽=;




で、それはまた後で触れるとして、
イベントの方なんだけど、
乙女度を上げて、シナリオを進行させた結果、


選択

更に乙女度を求められるという…(笑)

体力回復の課金アイテムとかごっそり買いこんで
ひたすら姫磨きしまくれば
どうにでもなる話だったりもするんだけど、
それやりだすと、本当キリが無くなるから
このゲームではやらないつもりでいる……(=▽=;


ちなみに自分は
そのままスウィートENDに進んだけど(笑)



ちなみに全然触れてないけど、
実はこの時、家康が謙信とばったり会ってしまって、
殺し合いをしかねないような状況でね…。


でも、そこに謙信に仕えてる…のかな?
ともかく佐助がやってきてさ、


フライング

緊迫感のない一言をかましてくれまして(笑)

その結果、家康と謙信の二人の戦意は
そがれてしまった感じで
ある意味、凄かった……(笑)


で、その後、
佐助が謙信を上手く言いくるめて
別のところへ連れてってくれたので
事なきを得たような感じだったけど、
ホント、佐助ってすげぇ…!(笑)




…だが、しかし。


試練がー

その後、乙女度足りないよーとか
そんな事を言うために佐助がやってきた(=▽=;



っていうか、正直言って
そこまで上げるのキツイ!(笑)




これは当分先へは進めないだろうと
本編シナリオの進行に移ってみた。


すると、こちらでは


お買いもの…

アバター購入の試練が(=▽=;

何とか所持金(両)が足りたからいいけど、
その内、お金がもたなくなりそうだ…(ノ_・。)






さて、その後、
本編のシナリオを進めていると…


寝ようとしたら

ある晩、天井から佐助が訪ねてきました。

ちなみにこの後、
ちょっと重要そうな話とかするんだけど、
それはともかく、襦袢って、今でいう肌着だよね…?

『そんな格好で会って、大丈夫なのか?』
とか、そんなどうでもいい事を思った人(=v=;


それはともかく、
実はこの時、織田軍が戦の準備を始めていて、
その関係で佐助も色々仕事が大変のようなんだけども、


戦が始まったら

戦が始まったら織田軍から離れないようにと
言われるんだよね。


それについて実は丁寧に説明をしてくれるんだけど、
武将が遠征に出てる間に城が攻められると
城内にいる者が皆殺しにされる恐れもあるしって。

だったら武将についてって
守ってもらった方がいいよね、って話やね。



で、その後、話の成り行きで
この間、山賊に襲われたけど
助けてもらったって話になったんだよ。



友達?

で、その助けてくれた人は
この時代で出来た友だち?って聞かれた。


で、それに対して、
「うん、そんな感じ?」って返事をしたわけだけど、
確かにこの時点では
幸との関係ってまだ微妙なんだよね…。

ちょっとずつ恋心を持ち始めてるかな?ってとこだけど
まだハッキリ自覚したわけではないみたいな??



でもな!
自分はそれよりも、


こんな感じで

主人公と佐助の関係性の方が
数倍気になる!(笑)







いい人だな

ある意味、これはこれで
フラグ立ったんじゃね?(爆)


とかそんな事を思ったりもしたけど、
おそらくこの先は、普通に幸村ルートだろうな…(=▽=;

っていうか、選択肢の答え方とかでヘマをして
幸村ENDが条件的に見るのが厳しくなっちゃった場合、
救済処置として佐助ルート発動とかになるんですかね?(ぉぃ



で、そんな感じでストーリーを進めたら、


恋文…?

なんか、恋文を貰うような展開に
なるらしいよ……?


ちなみに、シナリオの方は、
信長と秀吉にくっついて
越後に視察に行く事になったんだけど、
城下町に着いた時に、幸らしき人影を見かけて
主人公が思わず飛び出しちゃったんだよね。


で、そこで一旦シナリオが途切れるんだけど、
その際、恋文ボックスに恋文が届いたんだわ。



…で、内容は載せていいものかアレなので
感想だけ書こうかと思うんだけども、
実は、手紙の最後に
『やっぱこんな文、出さねえことにする』
って書いてあるんだよね。

でも、それが手元に届いたって事は…?

佐助の仕業?(=▽=; ←ぉぃ

ほら、気を利かせてとか
そういうやつ…?(笑) ←きっと違います





…んで、慌てて飛び出した主人公を見て、
この地が珍しくて、はしゃいでるんだと
秀吉さんが勘違いをしてくれて、
じゃあ、一人で町を好きなだけ回っておいでーって
そういう話になったんだわ。

で、後で宿で落ち合おうってことになったんだけど、
主人公を単独行動させることにしたのには
ちゃんと別の意図もあって、
それを秀吉さんが説明してくれるんだけど、
秀吉も信長も
敵方に顔を知られているから、
一緒にいたら何かに巻き込まれる可能性があるかもしれない。
だから、信長と秀吉が越後の様子を視察している間、
別行動をした方が主人公の身は安全だ、と思ってのことらしい。

なんていうか…、
この考え方、本当イケメンだわ…♪




ちなみに、その単独行動中に
幸と、おそらく信玄と思われる信さんに出会うんだけど、
何故、この場所にいるのかを問われて出た答えが


旅芸人

兄達が旅芸人をやっていて…
というものすごい返し!(笑)


よくそんなの突発的に思いついたなぁ♪と
主人公を褒めてあげたい(≧▽≦)

旅芸人の兄に誘われて旅についてきたという設定で
とりあえず、この場をしのいだよ!


ちなみにその後、
信さんはその場を去っていったんだけど、
団子屋で他の人にからかわれたので、
幸は主人公を連れて場所を移動しようとしたんだよ。


で、移動しているところを、


謎の人物

誰かに見られてたー\(^o^)/

きっとこれ、信長と秀吉だぜ♪
終わったなー(爆)








どうして

佐助、お前かよっ!(爆)






さて、その後なんだけど、
花畑に連れてかれて軽く語らった後、


距離が…

なんか、
急展開発生!?(=□=;


主人公はともかく、
幸が恋心に気付いてしまったか…?!


そして…、
この後、二人を待っていたのは…!



試練じゃー

うおっ!
今いいとこだったのにっ!(笑)


ちなみにここで求められたのは、姫度。

たまたま必要数にギリギリ達していたから
そのまま通過出来た、わ~い♪(笑)

で、ついでにその時、
アバター(牡丹の胸飾り)を貰ったよ。


で、そこでストーリーを読むための券っていうの?
アレが無くなったので、
今のところはここまでしか読めてないな。



まぁ、この後どうなるかは分からないけど、
どうせ佐助になんか言われるんだろうな…(=△=;






とりあえず、今回はここまでって事で、
また進展とかあったら、何か書きますね!


では、またっ♪
関連記事
スポンサーサイト

ジャンル : ゲーム
テーマ : スマートフォンゲーム

[ 2016/02/04 10:07 ] スマホゲーム | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する